icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

アチチの小鬼

アチチの小鬼

画像を拡大する

アチチの小鬼

作: 岡田淳

絵: 田中六大

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 143ページ
ISBN 978-4-03-530740-2
NDC 913
発売日 2018年9月

定価: 1,296

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ぼくは小学3年生。ぼくのおじいちゃんは最高。おじいちゃんはかっこよくて、おもしろい話をたくさんしてくれる! こわーいねこのおばあさんから逃げだす話や一寸法師になってかわいいお姫さまと出会った話、安全ピンのセールスマンのときに海賊に捕まった話、おばあさんをおんぶしたら女神さまだった話、助けたカラスが恩返しをしてくれた話、そして、おじいちゃんのひいおじいちゃんとひいおばあちゃんの出会いの秘密!!! どれを聞いても、うなる話ばかりだ。

産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞の『願いのかなうまがり角』とおなじおじいちゃんと孫がおくる関西弁のユーモアあふれる連作短編。

著者紹介

岡田淳

1947年、兵庫県に生まれる。神戸大学教育学部美術科卒業。図工専任教師として小学校に38年間勤務。その間から斬新なファンタジーの手法で独自の世界を描く。『放課後の時間割』で日本児童文学者協会新人賞、『学校ウサギをつかまえろ』で同協会賞、『雨やどりはすべり台の下で』でサンケイ児童出版文化賞、『扉のむこうの物語』で赤い鳥文学賞、「こそあどの森」シリーズで野間児童文芸賞受賞。その他の作品に、『二分間の冒険』『選ばなかった冒険』『ふしぎの時間割』『竜退治の騎士になる方法』『フングリコングリ』『カメレオンのレオン』『願いのかなうまがり角』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

田中六大

1981年東京に生まれる。多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻版画コース修了。2005年ますむらひろしコミック大賞、2006年ちばてつや賞佳作。マンガ作品に『クッキー缶の街めぐり』、さし絵作品に『ひらけなんきんまめ』『願いのかなうまがり角』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

岡田淳さんが毎年一話、神戸新聞に発表しつづけている「おじいちゃんとぼく」の連作シリーズで人生を語ります。これまでもその相手はカミナリ様の娘さんだったり、雪の精だったり、おひめさんだったりしました。今回はなんと魔女に紹介された「眠れる森の美女」がでてきます。また「アチチの小鬼」はこれまでおじいちゃんの話を聞くばかりだったぼくが積極的に物語に参加し、おじいちゃんを驚かせます。乞うご期待!

関連書籍

アチチの小鬼
アチチの小鬼