icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

エリック・カールの絵本

パパ、お月さまとって!

パパ、お月さまとって!

画像を拡大する

エリック・カールの絵本

パパ、お月さまとって!

受賞歴:

  • ボローニァ児童図書展・エルバ賞推薦(1987)
対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 29cm×21cm
ページ数 43
ISBN 978-4-03-328280-0
NDC 933
発売日 1986年12月

定価:本体価格 1,600円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

特設サイト

内容紹介

娘に月をせがまれて、パパは本当に月を連れてきた! 画面が左右上下に広がるしかけで、空の高さや月の満ち欠けを表現した絵本。

著者紹介

エリック・カール

1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育つ。グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年に『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。以来、世界的な絵本作家として創作を続ける。代表作に『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』『だんまりこおろぎ』など多数。2003年ローラ・インガルス・ワイルダー賞受賞。

この著者の書籍一覧を見る

もりひさし

本名・森久保仙太郎。作家・絵本研究家・歌人。歌集に『月の谷』など。創作絵本に〈こぐまちゃんえほん〉シリーズ『くまさぶろう』『ちいさなきいろいかさ』など。絵本の翻訳に『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』〈くまのアーネストおじさん〉シリーズなどがある。2018年逝去。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

早速、パパに読んでもらっていました。「お月さまをとる」という内容、夢があってとてもいいなと思いました。子どもにとってはとても印象的だったようで、夜、寝室から月が見えると私にも主人にも月をとってくれました。読んであげた絵本について後から話してくれると、こちらもすごく嬉しくなります。(2歳・お母さまより)

ちゃんと内容を見たのは、初めてだった気がしますが、現実にはありえないけど、子ども目線、子どもならではの想像力がそのままお話になったような、おもしろい内容でした。扉になっているとこを開くたび、子どもも「おーっすごーいっ」と楽しんでいました。(4歳・お母さまより)

書店で見かけ、自分が幼少期大好きだったことを思い出し購入しました。少し仕掛けのようなところがあり、子供も楽しく読めました。自分の好きだったものを、子供にも読んであげることができ、なんともいえない幸せな気分になりました。(4歳・ご家族より)

子どものときにパパがお月さまを取りに行くシーンが印象に残り、購入するきっかけとなりました。エリックさんの絵や娘さんへの思いを確認することができ、ますますこの絵本が好きになりました。(20代)

クリスマスにおじいちゃんと息子が本屋さんで買ってきました。毎晩、何度も読んで読んでって言ってきます。お父さんの愛を感じる内容と、大きなお月さまを感じられる装丁はとても楽しい時間をくれます。(4歳・お母さまより)

関連書籍

関連記事

パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって!