ともだち紹介

イスラエルのシラ

2014/11/07

地中海に面した大きな街、テルアビブ。
美術館や博物館がたちならぶ、活気あるこの街に
シラという女の子がお父さんとお母さんと3人で暮らしています。
きょうは、シラの暮らしをご紹介します!


シラは好きなものに囲まれて暮らしています。
シラの部屋は怪獣や恐竜、ロボット、アメリカンコミックの
ヒーローなどのフィギュアでうめつくされていて、
日本のアニメをみたり、犬のソムソムと遊んだりするのも大好きです。
チャーミングな長い髪は伸ばしていて、
なんと生まれてから一度も切ったことがないのだとか!

好きなことやものがたくさんあるシラですが、
なかでも一番すきなのは絵を描くこと。
絵を描きはじめるととまりません。
テルアビブには芸術家がたくさん住んでいるということもあり、
家の中にはたくさんの絵が飾ってありました。

将来は画家になりたいというシラ。
とにかく遊ぶのが大好きで、つねにおもしろいことを
探しているような感じがしました。そんなシラの暮らしがよくわかる、
世界のともだち⑰『イスラエル』は好評発売中です!



イスラエル イスラエルってどんなところ?

完食NG!
イスラエルでは、出された料理は残すのがマナー。
全部食べてしまうと、「出された料理では足りなかった」
というふうにとられてしまうそうです。
くいしんぼうの人は要注意です。

ダイヤモンドの加工技術で発展
ダイヤモンドの輸出入に関税をかけないなどして、
イスラエルはダイヤモンド産業をのばしました。
もっとも盛んだった1980年には、14億900万ドル
(なんと、235万カラット!)にまで輸出額をのばしました。
現在でも、輸出額の約30%はダイヤモンドによるものです。

世界最大規模の淡水化施設
4月から10月頃まで乾季となるイスラエルでは、
深刻な水不足に悩まされることも少なくありません。
テルアビブから南へ40キロほど行ったところにある、ソレクという町には
世界最大規模の海水淡水化施設があって、
地中海からひいてきた海水を淡水にして利用しています。

イスラエルにゆかりのある有名人
ユリ・ゲラー(超能力者)
ナタリー・ポートマン(俳優)
ジーン・シモンズ(ミュージシャン。バンド、キッスのリーダー)
マルディン・ブーバー(宗教学者)
ロバート・オーマン(数学者、経済学者。2006年ノーベル経済学賞受賞)

 

(写真:村田信一 イラスト:鈴木千佳子 文:編集部 丸本)

  • チェック