icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

シリアからきたバレリーナ

シリアからきたバレリーナ

画像を拡大する

シリアからきたバレリーナ

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 303ページ
ISBN 978-4-03-726960-9
NDC 933
発売日 2022年1月

定価:本体価格 1,500円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

シリア人の少女アーヤは、イギリスで難民認定を待っているところだ。
内戦で住めなくなったシリアを脱出し、ようやくマンチェスターに辿り着いた。途中、小さなボートで海を渡る際に父と離れ離れになり、気力を失った母を支えながら赤ちゃんの弟をつれて、毎日、難民支援センターに通っている。
ある日、同じ建物にバレエ教室があることに気づく。シリアでバレエを習っていたアーヤは、そこで明るい少女ドッティや先生ミス・ヘレナに出会い、踊ることで息を吹き返していく。
希望とあたたかさと人間性に満ちた、2020年〈カーネギー賞〉ノミネート作品。

著者紹介

キャサリン・ブルートン

オックスフォード大学英文科卒業。中学校の英語教師として働きながら、児童文学作家として活躍。アフリカや中東などからの難民の子どもたちを教えた経験を持つ。本書はイギリスの児童文学賞〈カーネギー賞〉にノミネートされた。そのほかの作品に『We Can Be Heroes』『Another Twist in the Tale』などがある。英国バース在住。

この著者の書籍一覧を見る

尾﨑愛子

東京大学教養学部卒業後、児童書出版社の編集者を経て、東京大学大学院総合文化研究科にて学術修士号取得。大学院在学時より児童文学の翻訳家として活動開始。訳書に『クレイジー・レディー!』、『オンボロやしきの人形たち』などがある。東京在住。

この著者の書籍一覧を見る

平澤朋子

1982年東京都に生まれる。武蔵野美術大学卒業後、フリーのイラストレーターとして活躍。装画、挿絵を手がけた作品に『緑の模様画』『わたしのしゅうぜん横町』『雲じゃらしの時間』『アギーの祈り』『赤い髪のミウ』『アゲハが消えた日』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

関連記事

シリアからきたバレリーナ
シリアからきたバレリーナ