icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社ノベルフリーク

まっしょうめん! 木刀の重み

まっしょうめん! 木刀の重み

画像を拡大する

偕成社ノベルフリーク

まっしょうめん! 木刀の重み

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 199ページ
ISBN 978-4-03-649180-3
NDC 913
発売日 2022年2月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

さわぐ必要なんかないのに、とわたしは思う。
すこしもこわくない。

剣道初心者・成美は、初の級審査を受けることになる。
審査にむけて、木刀での練習をはじめるが、
道場仲間の太一と、学校の発表会でも剣道を披露することに。
一方、太一のクラスメイト高木は、
サッカー部の仲間とうまくいっていないようで、
発表会のために、成美と太一といっしょに、木刀の稽古をするようになる。

相手にむかいあうこと、自分にむかいあうことを描く
剣道小説第4弾!

::::::::::::::::::::

「ボクトウ? ケンドウキホンワザ?」
わたしが首をかしげていると、監督は立ちあがって、道場のおくの物置にいった。もどってきた監督の手には、木でできた刀がにぎられていた。
「これが木刀だ。」
わたしは監督から木刀をうけとった。おお、両手にずっしりくる。木を刀の形にけずったもので、手でにぎる部分には「北島」と監督の名前がほってあった。全体があめ色をして、つやつやと光っている。
(本文より)
::::::::::::::::::::

著者紹介

新井陽次郎

1989年埼玉県生まれ。アニメーター、監督。スタジオジブリを経てスタジオコロリドに移籍。初監督作「台風のノルダ」で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

好評の剣道シリーズ、早くも第4弾となりました。
今回のテーマは級審査です。竹刀を使った立ち合いのほか、主人公成美は木刀を使った剣道基本技にチャレンジします!

関連書籍

まっしょうめん! 木刀の重み
まっしょうめん! 木刀の重み