icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

おうさまのこどもたち

おうさまのこどもたち

画像を拡大する

おうさまのこどもたち

作: 三浦太郎

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 21cm×29cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-352090-2
NDC 726
発売日 2019年10月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

著者インタビューへ(Kaisei web)

 

内容紹介

王家に生まれた10人の子どもたち。成長してどんな王・女王になりたいか問われ、それぞれ、すし屋、サッカー選手、農家、保育士、アーティストなど、自分の好きな仕事で人々を幸せにしたいと考えます。さて、王さまのあとをついだのは……? 『ちいさなおうさま』3部作の完結編です。
さまざまな職場のようすがこまかく描かれ、めくるたびに発見がある、楽しい絵本です。

著者紹介

三浦太郎

1968年愛知県生まれ。大阪芸術大学美術学科卒業。ボローニャ国際絵本原画展入選。2004年『Je suis…』で絵本作家としてデビュー。おもな作品に『くっついた』『ぼくはまる』『バスがきました』『おしり』『CO2のりものずかん』『おはなをどうぞ』、「はたらくくるま」シリーズの『よいしょ』『とどくかな』『まかせとけ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

物語に出てくる子どもたちは読んでいる子どもたちそのもの。これから広い世界を見ていく子どもたちに十人十色の多くの可能性をひめていること、夢を描くこと人と人が支えあって生きていくすばらしさがストレートに伝わってくる絵本でした。もちろん子どもも大好き!普段絵本に興味のなかった主人も「いい話だ」と絶賛でした。(3歳・お母さまより)

関連書籍

関連記事

おうさまのこどもたち
おうさまのこどもたち