情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

シノダ! 5
時のかなたの人魚の島

時のかなたの人魚の島

作:富安陽子
絵:大庭賢哉

招待状に誘われて家族旅行に出かけた信田家に次々とあやしいできごとが。人魚伝説が伝わる南の島を舞台にしたミステリアス物語。

サイズ(判型)
20cm×14cm
ページ数
272ページ
発売日
2010年 06月
ISBN
978-4-03-644050-4
Cコード
C8393
NDC
913

定価: ¥1,404
【在庫◎】

  • この本を立ち読みする

 

メッセージ・感想

この本に寄せられた著者・編集者からのメッセージと、読者の方からいただいた感想をご紹介しています。

  • メッセージを読む
  • メッセージを送る

読者の皆様からのご感想

娘と一緒に読んでいます。キャラクターも素敵で、とても楽しいです! ぜひ続々と新刊が続きますよう期待しています。(ちゃおちゃお)

以下のフォームに必要事項をご入力のうえ、「送信する」ボタンを押してください。
[必須]の項目は、必ずご入力・ご選択ください。
ニックネーム
【必須】
性別
【必須】
年齢
【必須】
お住まい(都道府県)
【必須】
ご感想
【必須】

もしよろしければ、こちらの質問もお答えください。
お子さまが2人以上いらっしゃる場合は、この本を読まれるお子さまの性別と年齢をお答えください。

お子様の性別 年齢  

読者の皆様からのご感想

偕成社に、ご意見ご感想をお送り頂きありがとうございます。

 

 

富安陽子

富安陽子

1959年、東京に生まれる。日本の風土にねざした神話や伝承をいかした和製のファンタジー作品を数多く発表している。『クヌギ林のザワザワ荘』により日 本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まね き』により野間児童文芸賞を受賞。ほかに「シノダ!」シリーズ、『やまんば山のモッコたち』『キツネ山の夏休み』『レンゲ畑のまんなかで』『ぼっこ』などの作品がある。

この著者の書籍一覧を見る

大庭賢哉

大庭賢哉

1970年神奈川県に生まれる。漫画家・イラストレーター。自作のコミックに『トモネン』があり、挿し絵を担当した作品に「ティーン・パワーをよろしく」シリーズ、『勇太と死神』『旅するウサギ』『おばあちゃんの歳時記 暮らしの知恵』、「シノダ!」シリーズなどがある。

この著者の書籍一覧を見る