icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

ノンタン

メディア

5/7 東京新聞で『うつくしい絵』『海のアトリエ』が紹介されました

2022年5月7日(土)東京新聞の「公開選書 あなたに贈る本」のコーナーで、東京・荻窪の書店「Title」店主の辻山良雄さんが、『うつくしい絵』(かこさとし 著)、『海のアトリエ』(堀川理万子 作)をご紹介されました。

『うつくしい絵』は、かこさとしさんがご自分で「書きたい」と思われて手がけた美術の入門書のような絵本。よく知られた名画が名画と言われるゆえんと、その作者の背景を紹介します。堀川理万子さんの『海のアトリエ』は、昭和30年代の神奈川県の海辺のアトリエを舞台に、絵描きさんと少女が過ごした特別な夏の思い出を描いた絵本。2021年、Bunkamuraドゥマゴ文学賞を絵本で初めて受賞したほか、2022年には講談社絵本賞も受賞しています。

関連書籍