icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ディケンズの名作『オリバー・ツイスト』

ディケンズの名作『オリバー・ツイスト』

画像を拡大する

ディケンズの名作『オリバー・ツイスト』

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) -
ページ数 平均442ページ
ISBN 978-4-03-744201-9
NDC 933
発売日 2019年12月

定価:本体価格 5,000円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

『オリバー・ツイスト』上下巻セット。19世紀イギリスで活躍した小説の神様、チャールズ・ディケンズの不朽の名作を新たな完訳でお届けします。

著者紹介

山本史郎

東京大学総合文化研究科名誉教授。昭和女子大学教授。著書に『名作英文学を読み直す』ほか、『トロイアの黒い船団』などのサトクリフ、『ホビットの冒険』などのトールキン作品の翻訳書多数。

この著者の書籍一覧を見る

斎藤兆史

東京大学大学院教育学研究科教授。主な著書に『英語達人列伝』『教養の力 東大駒場で学ぶこと』他、翻訳書に『少年キム』『不思議なみずうみの島々』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

19世紀イギリスで活躍した小説の神様チャールズ・ディケンズの不朽の名作『オリバー・ツイスト』を新たなる完訳でお届けいたします。
『オリバー・ツイスト』はストーリーの展開がみごとで、しかもさまざまな階級の登場人物が書き分けられており、ディケンズの小説の中でもとりわけ映画化や舞台化の多い作品です。
翻訳は斎藤兆史先生と山本史郎先生。英語に堪能なだけでなく、美しく正確な日本語への翻訳家としても知られているご両人です。苦難の連続の中でのオリバー少年が成長する姿にエールを送りたくなることでしょう。新たなる完訳でお楽しみください。

関連書籍

ディケンズの名作『オリバー・ツイスト』
ディケンズの名作『オリバー・ツイスト』