icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど

神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど

画像を拡大する

神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 135ページ
ISBN 978-4-03-530760-0
NDC 913
発売日 2021年4月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

小学生のガンちゃんは、家の建て増しで自分の部屋をもらえることになる。
そこは、代々「神さまの通り道」だから空けておくように、と言われてきた敷地だった。かくして、ガンちゃんのもとには、雲に乗った自称神さまスーさんが出没することになる。
一方、ガンちゃんは学校でおねがい係になって、クラスメイトの清水さんのおねがいを聞くことになる。クラスになじめない清水さんとのやりとりをなげだしそうになるガンちゃんだったが、スーさんは型破りなアドバイスをするのであった。

勝手気ままで、人の道に反したことをいうと歯を痛くするスーさん、おきらく小学生ガンちゃんのやりとりがおもしろいハートフルなお話です。

:::::::::::::::::::::::
「ちょっとやめてよ、ぼくの部屋で。」
「わしの部屋でもある。」
サーブをうちかえすように、そのおじいさんは、へいぜんといいかえしてきた。
こわがるべきなんだろうけど、そのまえに、カチンときた。
「なんかとても、失礼なんだけど。あなたは、なんなんですか?」
「ああ、わしは、神さまだけど。」
サラリという。(本文より)
::::::::::::::::::::::::

著者紹介

村上しいこ

1969年三重県生まれ。童話から小説まで幅広いジャンルで活躍。作品に『かめきちのおまかせ自由研究』(日本児童文学者協会新人賞)、『れいぞうこのなつやすみ』(ひろすけ童話賞)、『うたうとは小さないのちひろいあげ』(野間児童文芸賞)、『イーブン』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

人気作家、村上しいこさんの新作です。
お気楽小学生ガンちゃんと、型破りな神さまスーさんのコンビが、
クラスメイトのおなやみを解決しようとするお話です。
「しゃばけ」シリーズで知られる柴田ゆうさんが、
マイペースでにくめないスーさんをはじめとするキャラクターを
いきいきと描きます。
ぜひお手にとってご覧ください。

神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど
神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど