icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

クマは「クマッ」となく?!

おもしろ動物生態学

クマは「クマッ」となく?!

画像を拡大する

クマは「クマッ」となく?!

おもしろ動物生態学

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 知識の本 > 理科に役立つ本
サイズ(判型) 21cm×15cm
ページ数 174
ISBN 978-4-03-528180-1
NDC 480
発売日 2005年2月

定価: 1,296

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ゾウはなぜ首が短いか? トラの模様はたてじまか横じまか? など、画家で野生動物観察指導員の著者が語るとっておきの話44編。

著者紹介

熊谷さとし

1954年、宮城県仙台市に生まれる。漫画家村野守美氏に師事。グラフィックデザイン、アニメーションを経て、学習漫画家として活躍。また「自然保護運動図画工作執筆家」として、環境教育教材の開発・製作、動物専門学校やカルチャーセンターの講師も勤める。日本野生動物観察指導員、「ふくしまワイルドライフ市民&科学者フォーラム」クリエーター、富士市ファミリーパーク「21世紀の動物園展示を実践する」プロジェクトメンバー。著書に『小さな動物学者のための観察ブック』『哺乳類観察ブック』『クマは「クマッ」となく?!』『動物おもしろ基礎知識』『動物の足跡学入門』、共著に『コウモリ観察ブック』『クジラも海でおぼれるの?』『チンパンジーはいつか人間になるの?』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

真冬、畑に積もった雪の上に2頭のキツネが走り回った足跡がついている。意味もなく積み肥を飛び越えたり、急に立ち止まってみたり、2頭ともそれはそれは嬉しくてたまらないといった様子の足跡なのだ。この時期は、キツネの恋の季節だ!

10月下旬、タヌキの子別れの季節。
親ダヌキは子ダヌキに、突然噛みついたり、追いかけたり、子どもに辛くあたる。子ダヌキは何がなんだかわからずに逃げまどう。
きっと、親ダヌキは子どもの自立を願って、心を鬼にしてるんだろうなぁ……。

もちろん、こんなことは人間側の思いこみだ。でも、長いあいだ野生動物を観察していると、どうしたってそう考えてしまうようなシーンにも出くわす。

野生動物の観察や研究は、思いこみにとらわれずデータを取って数字にしたり、科学的に証明しなければならないことも大切なことだ。
でも僕は、野生動物を観察していて「なんだぁ、人間と同じなんだ」と思える事に出合うと、「人間も野生動物も、大きな法則の中で一緒に生きているんだなぁ」ということを感じることができて、奴らと同じ目線になれる。

野生動物保護は、奴らと同じ目線で、奴らが困っていることを同じ痛みとして感じることも必要なのではないだろうか?
この本はそんな願いを込めて書いた本だ! 文句なしに楽しめるので、ぜひ読んで下さい。(熊谷さとし)

関連書籍

クマは「クマッ」となく?!
クマは「クマッ」となく?!