icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

監修: 日本昆布協会

文・写真: 阿部秀樹

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 知識の本 > 家庭科に役立つ本
サイズ(判型) 28cm×23cm
ページ数 40ページ
ISBN 978-4-03-436810-7
NDC 667
発売日 2020年11月

定価:本体価格 2,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

2013年、ユネスコ(UNESCO=国際連合教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された「和食:日本人の伝統的食文化」。その和食の味つけの基礎となり、素材のおいしさをそこなわずに料理にまとめるのが、「だし」の役割です。
だしといえば、まず「昆布」「鰹節」「煮干」の3つが思いうかびますが、昆布は海藻のコンブ、鰹節は魚のカツオ、煮干は魚のイワシと、どれも、もともとは海の生きものを加工してつくるものです。その意味で「和食のだしは海のめぐみ」だといえるでしょう。
第1巻『昆布』では、コンブがどんな海藻で、どう獲るのか、だし昆布はどうつくるのか、なぜ生きているコンブからはだしが出ないのか、昆布の歴史、いろいろな昆布、昆布だしのとり方、昆布料理、お祝いに使われる昆布、海のコンブに迫る危機などを、美しく豊富な写真を使って、わかりやすく紹介します。

著者紹介

日本昆布協会

1949 年、任意団体として設立。1972 年に社団法人、2013年に一般社団法人となり、現在に至る。所在地は大阪府大阪市。昆布及び昆布製品の品質の向上及び需給の安定を図るため、昆布の流通の合理化、加工に関する技術の改善及び消費の拡大に努めるとともに、昆布に関する総合的な調査研究を行うことにより、昆布流通加工業の健全な発展を促進し、もって国民の食生活の向上及び健康の増進に寄与する。

この著者の書籍一覧を見る

阿部秀樹

1957 年、神奈川県藤沢市生まれ。目の前が海という鎌倉稲村ケ崎で幼少時代を過ごす。立正大学文学部卒業後に本格的にダイビングと水中写真を始め、フォトコンテストで数々の賞を受賞した後、写真家として独立。北海道から沖縄まで多様性あふれる日本の海と、それを取り巻く人や生物のさまざまな姿をテーマとして撮影をおこなっている。特に水中生物の生態行動の撮影では国内外の研究者と連携して、国際的な評価を得ている。現在は、月光による水中撮影といった新しい取り組みや、海の幸への造詣の深さを生かして和食全般の取材も精力的におこなっている。おもな著書に『イカ・タコガイドブック』『ネイチャーウォッチングガイド 海藻』『魚たちの繫殖ウォッチング』『美しい海の浮遊生物図鑑』等がある。また、「ダーウィンが来た」「Wild Life」「にっぽん印象派」の撮影及び出演、仏映画「OCEANS」のスチル撮影(一部)など、テレビ番組や映画等の撮影やコーディネートもおこなっている。静岡県伊豆の国市在住。

この著者の書籍一覧を見る

昆布
昆布