icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

なぞなぞえほん

なぞなぞのにわ

なぞなぞ: 石津ちひろ

絵: 中上あゆみ

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 27cm×21cm
ページ数 23ページ
ISBN 978-4-03-350050-8
NDC 913
発売日 2020年10月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

大好評の、絵の中からなぞなぞの答えを見つけだして遊べる絵本のシリーズ第4弾です。
春夏秋冬……季節ごとにさまざまな魅力を見せる庭の絵の中に、なぞなぞ50問の答えが描き込まれているのを見つけ出してください。石津ちひろさんのリズミカルなひびきが楽しいなぞなぞと、中上あゆみさんが緻密に描かれた庭の絵を楽しめる一冊です。極細の筆で、ていねいに一枚一枚描かれた花びらや葉は、絵の中を風が吹き抜けるような爽やかさに満ちていて、見るだけでも庭の中にいるようなこころもちになります。今回は絵の中に隠し絵もあります。

著者紹介

石津ちひろ

1953年、愛媛県に生まれ。著書に『なぞなぞのたび』(ボローニャ児童図書展絵本賞)『あしたうちにねこがくるの』(日本絵本賞)『あしたのあたしはあたらしいあたし』(三越左千夫少年詩賞)『なぞなぞのへや』『しりとりあいうえお』『くだものだもの』『サーカスのしろいうま』など多数。訳書に「リサとガスパール」シリーズなどがある。

この著者の書籍一覧を見る

中上あゆみ

1979年徳島県生まれ。ジャン=ポール・エヴァンパッケージ、無印良品ボトルパッケージなどのイラストを手がける。2018年東京オペラシティアートギャラリーにて開催の谷川俊太郎展では庭のイラストを担当。イラストレーション2017第34回 ザ・チョイス年度賞大賞、第16回イラストノート展大賞を受賞。絵本は今作が初めて。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

なぞなぞのにわ
なぞなぞのにわ