icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

なぞなぞえほん

なぞなぞのみせ

なぞなぞ: 石津ちひろ

絵: なかざわくみこ

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 27cm×21cm
ページ数 23
ISBN 978-4-03-332420-3
NDC 913
発売日 2011年9月

定価: 1,080

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

お店をめぐってお買い物をするようになぞなぞが楽しめます。すみからすみまで、見れば見るほど楽しさいっぱいみつかります。

著者紹介

石津ちひろ

1953年、愛媛県に生まれ。著書に『なぞなぞのたび』(ボローニャ児童図書展絵本賞)『あしたうちにねこがくるの』(日本絵本賞)『あしたのあたしはあたらしいあたし』(三越左千夫少年詩賞)『なぞなぞのへや』『しりとりあいうえお』『くだものだもの』『サーカスのしろいうま』など多数。訳書に「リサとガスパール」シリーズなどがある。

この著者の書籍一覧を見る

なかざわくみこ

1983年東京に生まれ、千葉で育つ。文化女子大学造形学部卒業。白泉社月刊MOEイラスト・絵本大賞第8回年間グランプリ受賞。ギャラリーツープラスなどでの個展、グループ展多数。『なぞなぞのみせ』でデビュー。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

なかざわくみこさんは、本書が第一作です。どこかなつかしいような、おしゃべりしながらたのしくお買い物できそうな商店街が描かれていますが、なかざわさんがお住まいの八街市の商店街の雰囲気もこの絵本のようでした。

読者のおたより

毎日新聞の“あした輝く”を読み、早速購入しました。89歳の母と(少し認知がありますが)なぞなぞをした所、一生けん命考えて、絵を楽しみながら、盛り上がりました。おばあちゃんと孫、私とおばあちゃんでも楽しめちゃう…母は「デイサービスに持って行こう!」と大喜び、意外な反応でした。私が読みたかったのに?!(ソラ)

5歳の娘の誕生日プレゼント用に購入いたしました。なぞなぞの答えが、お店の中にあるという展開の仕方がとてもおもしろく、絵も細かく描きこまれているので見ているだけでもわくわくしている様子でした。ロングセラーの絵本(20~30年前からの)と中心に読んでいましたが、久しぶりに最近のもので良い本をみつけたと思っています。(5歳女の子のお母様/愛読者はがきより)

関連書籍

なぞなぞのみせ
なぞなぞのみせ