icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

はっぴぃさん

はっぴぃさん

画像を拡大する

はっぴぃさん

作・絵: 荒井良二

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2003)
  • 日本図書館協会選定図書(2003)
対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 23cm×25cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-331280-4
NDC 726
発売日 2003年9月

定価: 1,404

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

願いをきいてくれるはっぴぃさんに、会いに出かけた男の子と女の子。何かを願うことへの作者の思いが静かに伝わってくる絵本。

著者紹介

荒井良二

1956年山形県生まれ。『ルフランルフラン』により日本絵本賞を、『たいようオルガン』によりJBBY賞を受賞するほか、ボローニャ国際児童図書展特別賞、小学館児童出版文化賞、講談社出版文化賞絵本賞など受賞多数。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。主な絵本に『バスにのって』『スースーとネルネル』『はっぴぃさん』『きょうというひ』『えほんのこども』『うちゅうたまご』『モケモケ』などがあり、その他に作品集『metaめた』、マンガ『ホソミチくん』なども刊行している。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです



 僕の新しい絵本ができました。タイトルは『はっぴぃさん』。こわれた町に住む、ぼくとわたしが、願いを 聞いてくれるという “はっぴぃさん”に会いに行くお話。

でもね、まだ誰もはっぴぃさんには会ったことがないんです。ぼくはぼくの願い事があって、わたしはわたしの願い事があって、山の上の大きな石を目指してふたりは歩きます。はっぴぃさんは、ときどきその石の上にあらわれるんだそうです。

 ぼくは、すこしのんびりや。わたしは、すこしあわてんぼう。こわれた町のぼくとわたしのたくさんの願い。はっぴぃさんに届くといいですね。

 願い事って素敵だなあって思います。日々の小さな願い事から、大きな野望のような願い事まで、いろんな人のいろんな願い事があります。もちろん全てが叶う わけではないのですが、それが叶うか叶わないではなく、その願い事を持つことによって、今の自分、これからの自分を見つめることができるように思います。 もちろん叶えば良いのですがね。



 ちっぽけな願い事っていいなあと思います。そういう願いを持つ人は、きっと他の誰かのことも思いやることができるんじゃないかなあ。

 僕もちっぽけな願い事を持って、はっぴぃさんに会いに行こう! 絵本の中のぼくとわたしのように。

はっぴぃさん、はっぴぃさん、ぼくらの願いをどうぞ聞いて下さい、はっぴぃさん!



荒井良二
はっぴぃさん
はっぴぃさん