icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2010)
対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 25cm×21cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-232360-3
NDC 726
発売日 2010年3月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

「明日からキツネくんはあたしだけのともだち!」それって何だかヘンだよね。ワガママ女の子テンの登場にキツネ、嵐の予感です!

著者紹介

内田麟太郎

1941年福岡県大牟田市生まれ。個性的な文体で独自の世界を展開。『さかさまライオン』で絵本にっぽん賞受賞、『がたごとがたごと』『すやすやタヌキがねていたら』で日本絵本賞受賞、『うそつきのつき』で小学館児童出版文化賞受賞。詩集『ぼくたちはな く』で三越左千夫少年詩賞受賞。ほかの主な作品は「ワニぼう」シリーズ、『十二支のおはなし』、「おれたち、ともだち!」シリーズなど多数。

この著者の書籍一覧を見る

降矢なな

1961年東京生まれ。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。和洋両方の味を合わせ持った独特の画風。主な作品に『めっきら もっきらどおんどん』『きょだいなきょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』『まゆとりゅう』『いそっぷのおはなし』、「おれたち、ともだち!」シリーズなど多数。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

「おれたちともだち」シリーズも、ついに第10巻を迎えました。
「これも、ひとえに、むにゃ、むにゃ、むにゃ、で…アリマス」
もちろん、むろん、いうまでもなく、第10巻にふさわしく、ついに美少女が登場します。と申しましても白雪姫や家具屋姫ではありません。キツネやオオカミにふさわしくテンのお嬢ちゃんです。
このお嬢ちゃんの吹く笛の音に、キツネがついふらふらと…。まあ、早い話がオオカミとの約束を破り。いけませんねぇ。それでどうなったか。
「教えるはずがないでしょ。買ってくださいよ。お客さん」
「だめ。どうしても聞きたい。どうしても。それじゃ、ちょっとだけですよ。ついにオオカミがキツネのほおを、ばちーんと叩いたんです」
あら、あら、お客さん、涙ぐんじゃったよ。
「おまえがいけないんだよ、オオカミ。なに、そうじゃない。約束を破ったキツネのほうが」
オオカミが、すっかりすねております。

まあ、それはともかく。噂によれば「おれたちともだち」シリーズも、これで終わりと聞いております。そりゃ、そうでしょ。オオカミがキツネのほおを思いっきり叩いたんですから。ばちーん、ばちーん、と。
噂ですよ。あくまでも、ウ・ワ・サ。
でも、いうでしょ。火のないところに煙は立たない。
「なに? つぎの第11巻は、タヌキの五人兄弟が…出てくる。しってたの? お客さん。意地悪だなぁ」
「降矢ななの絵が、どしたの? えっ、なんていったの。声が小さすぎて聞こえないよ。もっと、でっかい声でいって。」
「…こんどのも、まことに、はじけている」
「なーんだ、読んでるじゃない。お客さん、目が高いねぇ。どこから来たの? えっ、春の小川」
メダカさんのようでございます。(内田麟太郎)

関連記事

ともだちごっこ
ともだちごっこ