icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

かこさとし おはなしのほん6

おたまじゃくしの101ちゃん

おたまじゃくしの101ちゃん

画像を拡大する

かこさとし おはなしのほん6

おたまじゃくしの101ちゃん

作・絵: かこさとし

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×21cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-206060-7
NDC 913
発売日 1973年7月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

特設サイト

内容紹介

まいごのおたまじゃくし101ちゃんを、やっと見つけたお母さんがえる。でもざりがにとみずかまきりに襲われ、お母さんは気絶。

著者紹介

かこさとし

1926年福井県武生市(現在越前市)に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。児童文化の研究者でもある。現在は、出版を中心に幅 広く活躍。作品は『からすのパンやさん』を代表する「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、『うつくしい絵』、「だるまちゃん」シリーズ、『とこちゃんはどこ』、「かこさとしからだの本」シリーズ、『伝承遊び考』など500点以上。2008年菊池寛賞受賞、 2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

Eテレをみていたとき、かこさんの話がでていて購入。101たんら、かえるの子(おたまじゃくし)の顔がちゃんと一匹ずつ描いてあって、喧嘩していたり、話していたりすることに感動しました。おかあさんが気を失ってしまったとき、101ちゃんをはじめとしてみんなが「うぇーん」と泣き出すシーン。わが三人の孫といっしょです。私は大人ですが絵本大好き。孫にプレゼントします。(50代)

作者のファンです。物語に優しさ、愛情の表現の深さ、親子のきずなの大切なこと、子供が成長する幼児期に自然とのふれあい等、特に大切な事が書かれています。(読者の方より)

子供が劇でやったのがきっかけで、知りました。発達障害児の子供は、話が長い絵本は最後まで集中力が続きません。けれども、101ちゃんは最後まで見ています。ところどころ声に出して読んだりもしています。親の私も、すごく好きな絵本です。(5歳・ご家族より)

保育園の劇でおたまじゃくしの101ちゃんを演じました。ほとんどの文章を暗記していて、私(母)と交互にセリフを読みあっています。たくさんのおたまじゃくしを指さして「これが101ちゃんかな、6ちゃんはどれだろう」ととても楽しそうです。

子どもが通っている保育園の劇で「おたまじゃくしの101ちゃん」を演じました。ほとんどの文章を暗記していて、私と交互にセリフを読みあっています。たくさんのおたまじゃくしを指さして「これが101ちゃんかな、6ちゃんはどれだろう」ととても楽しそうです。(読者の方より)

関連書籍

関連記事

おたまじゃくしの101ちゃん
おたまじゃくしの101ちゃん