icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ぼちぼちいこか

画像を拡大する

ぼちぼちいこか

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 26cm×21cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-201230-9
NDC 933
発売日 1980年6月

定価: 1,296

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

重量級のカバくんは、船乗り、飛行士、ピアニストと、次々に新しい仕事に挑戦します。おかしな結末をユーモラスな絵で語ります。

著者紹介

マイク・セイラー

1936年ロサンジェルス生まれ。言葉遊びやユーモアをこよなく愛する児童書作家・イラストレーター。絵本作品に『わゴムはどのくらいのびるかしら?』『しりたがりやのふくろうぼうや』『ぼちぼちいこか』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

ロバート・グロスマン

1940年ニューヨーク生まれ。エール大学美術科卒業。雑誌『ニューヨーカー』の時事漫画の編集を経て、イラストレーターとなる。『タイム』『ニューズウィーク』『ニューヨークタイムズ』など、さまざまな新聞・雑誌で活躍。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★『英語でもよめるぼちぼちいこか』刊行時に寄せられたメッセージです

 グロスマンさん描くところのカバくんとお会いしてから、いつのまにやら30年もすぎてしまいました。思慮深か気にノーンビリした顔を、書斎の棚で毎日のように見かけては、「やあ!」とか「オハヨ」とか「お元気ですやろか?」などと呼びかけているうちに、——カバくんがどうやら大阪育ちみたいな顔に見えてきてしまい——いざ訳そうとすると、大阪弁でしか訳せませんでした。出来上って勇んで編集者に送ったのですが、大阪弁ではどうも……と渋い顔をされてしまいました。
 それでも私にはもうカバくんは大阪育ちや……としか思えなくなっていて、OKが出るまで待ちました。幸い、大阪弁の普及度が高まってくれたお蔭で、ようやくGOサインが出ました。
  出来上った日本語訳では、グロスマンさんが絵で遊ばはったように、コトバで遊ばせてもろてます。たのしませてもろてます。
 幸いなことに、カバくんの大阪人ぶりは、ゆっくり、のーんびりふんわりと受け入れられていって——版も重ねてくれました。
 講演に行ったときに「ヨンデクダサイナ」と言われて、大阪弁丸出しで朗読させてもろてますんやけど——すんなりふんわり受けとめていただけて——わたしはカバくんに、
(ほらみてみ、あんたはやっぱり大阪生まれの大阪育ちやったんやでェ……)
と囁いています。うふふふふ。
 これからもどーぞよろしゅうに……。(今江祥智)

読者のおたより

元々の作者がアメリカ人で、そこから関西弁に訳されたこの本に、ひとめぼれしました笑。とてもストーリーと関西弁がマッチしていてい好きです。普段生きていて肩筋張ってるなと、疲れているとき、この本を読んでほっと一息つけるような気がします。子どもはもちろん、大人もそうやって元気付けてくれるこのオンは素敵だなあ、出会えてよかったなあと感じました。ありがとうございます(20代女性/愛読者はがきより)

関連書籍