icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

ノンタン

メディア

11/17朝日新聞で『ともだちや』内田麟太郎さんインタビュー

2021年11月17日(水)の「きみが生まれた日」コーナーで、『ともだちや』(降矢なな 絵)の作者、内田麟太郎さんのインタビューが掲載されました。

『ともだちや』は、ときに喧嘩をしながらも、かたい絆で結ばれた、オオカミとキツネの、熱い友情を描いたロングセラーシリーズの第1作です。

絵本を作るときは、肝になる「言葉」を一番大事に考えているという内田さん。『ともだちや』のときは、キツネが「あしたもきていいの」と言ったとき、オオカミが「あさってもな」という言葉を返す場面を思いついて、自分でも「うわぁ、かっこいいな」と感じたというエピソードが紹介されています。そのほか、何人かの画家の候補から降矢さんを選ばれた理由など、シリーズ第1作の裏話が語られています。

関連書籍