icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 29cm×25cm
ページ数 36
ISBN 978-4-03-963720-8
NDC 913
発売日 1999年3月

定価:本体価格 1,600円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

祭りの夜に下駄を買って、キツネツキの迷信におびえる文六ちゃんと、その母の愛と信頼を感動的に描く。南吉の三大狐話のひとつ。

著者紹介

新美南吉

1913年愛知県に生まれる。東京外国語学校英語部文科卒業。中学時代より文学に興味をもち、童話・童謡・詩・小説などを書き続ける。1943年没。その作品は民芸品的な美しさと親しみ深さを感じさせ、今も多くの人に愛されている。主な作品に「ごんぎつね」「てぶくろを買いに」「おじいさんのランプ」などがあり、全業績は『校定 新美南吉全集』(全12巻)に網羅されている。

この著者の書籍一覧を見る

長野ヒデ子

1941年、愛媛県で生まれる。『おかあさんがおかあさんになった日』でサンケイ児童出版文化賞、『せとうちたいこさんデパートにいきタイ』で絵本にっぽん賞受賞。作品に『とうさんかあさん』『ねこのたいそう』『かあさんになったあーちゃん』『狐』(新美南吉・文)など多数。

この著者の書籍一覧を見る

関連記事

狐
狐