icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

過去六年間を顧みて

かこさとし 小学校卒業のときの絵日記

過去六年間を顧みて

画像を拡大する

過去六年間を顧みて

かこさとし 小学校卒業のときの絵日記

対象年齢 中学生から
ジャンル 読み物 > 伝記・ノンフィクション
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 151ページ
ISBN 978-4-03-808260-3
NDC 916
発売日 2018年3月

定価: 1,728

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

物語絵本、科学、天体、社会関係の知識絵本、紙芝居など多岐にわたり600作以上の作品がある絵本作家・かこさとし氏の、小学校卒業時の絵日記。
かこさとし氏は1926年生まれ。小学校卒業時の1938年、時代が戦時色につつまれてくるキナ臭い状況のなか、小学生時代の生き生きとした思い出がつづられている。小学生時代をまとめるよう担任からいわれ、みんなは数枚の作文を書いていたが、原稿用紙を何十枚も使って書いた氏の日記には挿絵もたくさんあり、本のようにきれいに綴じられている力作で、後の絵本作家を予見するようなオリジナリティにあふれている。あわせて当時のエピソードを聞き書きしたものを加えてまとめた、絵日記再録。

著者紹介

かこさとし

1926年福井県武生市(現在越前市)に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。児童文化の研究者でもある。現在は、出版を中心に幅 広く活躍。作品は『からすのパンやさん』を代表する「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、『うつくしい絵』、「だるまちゃん」シリーズ、『とこちゃんはどこ』、「かこさとしからだの本」シリーズ、『伝承遊び考』など500点以上。2008年菊池寛賞受賞、 2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

絵本作家かこさとしの源流を見つけた!

関連記事

過去六年間を顧みて
過去六年間を顧みて