icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社ポッシュ

軽装版 封神演義(下) 降魔封神の巻

軽装版 封神演義(下) 降魔封神の巻

画像を拡大する

偕成社ポッシュ

軽装版 封神演義(下) 降魔封神の巻

著: 許仲琳

編・訳: 渡辺仙州

絵: 佐竹美保

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 古典・名作
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 384
ISBN 978-4-03-750190-7
NDC 923
発売日 2018年4月

定価: 1,080

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

時代は3000年前の中国、仙人と人間が入り乱れての壮大な戦国ファンタジー。
悪行非道の限りを尽くす商の紂王に対して、立ちあがった周は、商の都である朝歌をめざして攻めのぼる。しかし、朝歌までは五つの関所を突破しなければならず、各関所にはその勇猛ぶりで名を馳せた守将たちが周軍を待ちかまえていた。闡教と截教、周軍と商軍の両陣営のすぐれた武人、道人、仙人たちの魂が、つぎつぎに封神台へと飛ぶ。周軍はついに朝歌に入り、紂王は自害する。
巻末に封神演義全巻に登場する人物事典付き。

著者紹介

渡辺仙州

1975年、東京に生まれる。小中学生時代を北京ですごす。同志社大学大学院工学研究科を経て、京都大学大学院工学研究科博士後期課程満期退学。日本地下水学会会員。著書に『北京わんぱく物語』『闘竜伝』シリーズ、編訳書に『封神演義』『西遊記』『白蛇伝』『三国志』などがある。現在中国河南省在住。河南農業大学で日本語教師を勤めている。

この著者の書籍一覧を見る

佐竹美保

デザイン科を卒業後、上京。SF・ファンタジーの分野で多数の作品を手がける。主な仕事に『虚空の旅人』『蒼路の旅人』『不思議を売る男』『宝島』『幽霊の恋人たち』『西遊記』『フランダースの犬』『魔法使いハウルと火の悪魔』『ローワンと魔法の地図』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

中国明代に書かれたファンタジー戦記。妖姫に惑わされた紂王は、忠臣たちや、皇后を惨殺、酒池肉林にふけっていた。ちなみに「酒池肉林」の語源はここからきています。乱心の紂王に反旗をひるがえし、西伯候・姫昌は立これまであった仙界と人界とは別に「神界」を創るべく密命を帯びていました。表向きは悪逆非道な紂王を打ち負かす物語ですが、人も仙人も紂王側と姫昌側に分かれて戦い、破れたものは死して神界に封じられるのでした。上巻の「妖姫乱国」は紂王の乱心ぶりが中心に描かれます。

軽装版 封神演義(下) 降魔封神の巻
軽装版 封神演義(下) 降魔封神の巻