icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

軽装版ポッシュ 「守り人」シリーズ

流れ行く者

守り人短編集

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2011)
  • 日本図書館協会選定図書(2011)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 288
ISBN 978-4-03-750130-3
NDC 913
発売日 2011年5月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

  • 購入
    • Amazon
    • 全国書店ネットワーク e-hon
    • EhonNavi
    • エルパカ
    • 紀伊國屋書店
    • 7net
    • TSUTAYA
    • honto
    • Honya Club
    • 楽天
  • 電子版を購入
    • amazon kindle
    • Book Live
    • 楽天kobo
    • Reader Store
    • iBooks
    • honto
    • dマーケット
    • Kinoppy
    • ebook japan
    • ブックパス
    • BOOK WALKER
    • GALAPAGOS STORE
    • ※ 書店によって取扱いがない場合があります。
    • ※ 紙の本と価格が異なる場合があります。

特設サイト

内容紹介

王のたくらみによって父を殺された少女バルサ、そして彼女を救った父の親友ジグロ。故国をすてた二人の旅路を描く守り人短編集。

著者紹介

上橋菜穂子

立教大学博士課程単位取得(文学博士)。専攻は文化人類学。オーストラリアの先住民であるアボリジニを研究。女子栄養大学助手を経て、現在川村学園女子大学特任教授。『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞、アメリカ図書館協会バチェルダー賞)『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)『夢の守り人』(前2作とあわせ路傍の石文学賞)『神の守り人<来訪編><帰還編>』(小学館児童出版文化賞)など12巻からなる代表作「守り人」シリーズは、内外から高い評価を得ている。そのほかの著書に『精霊の木』『月の森に、カミよ眠れ』(日本児童文学者協会新人賞)『狐笛のかなた』(野間児童文芸賞)『獣の奏者』『鹿の王』(本屋大賞、日本医療小説大賞)などがある。2002年に巌谷小波文芸賞、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

二木真希子

愛知教育大学美術課程を卒業。スタジオジブリでアニメーション原画を担当したのち、フリーとなる。著書に『世界の真ん中の木』、絵本に『はじめてのたび』『はじめてのともだち』など、挿絵に『精霊の守り人』『闇の守り人』『夢の守り人』『神の守り人』『天と地の守り人』『流れ行く者』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

物語がいつ生まれたのか、ほぼピンポイントで思い出せることがたまにあるのですが、「賭事師(ラフラ)」は正にそんな物語で、去年の五月、『ユリイカ』にエッセーを渡さねばならず、その締め切りが目前に迫っていたある水曜日、大学へ出勤する車の中で、いきなり頭の中に降ってきたのでした。
国道356から大学方面へ左折すると、左右に田んぼが広がります。その長閑な風景の中を走っていたとき、突然、賭事師のばあさんの仕草を真似て、一生懸命ゴイ(サイコロ)を振っている十三歳ぐらいのバルサの姿が浮かんできて、猛烈に、バルサの子ども時代の物語が書きたくなったのです。
これは不思議な感覚でした。「守り人シリーズ」を書いている間も、時折、バルサやタンダの子ども時代の姿が心に浮かんでくることはありましたけれど、その頃は、それを独立した短編のような形で書きたいとは思わなかったからです。
「守り人」シリーズには、ゆるやかなーーしかし、厳然とした時の流れの方向性があって、その中では、バルサもタンダも、すでに成熟した大人でしたから、本編の物語の中で、彼らの子ども時代を描くのは、そぐわない気がしていたのかもしれません。
それが、シリーズが完結したお陰で、一気に呪縛がほどけたのでしょう。ジグロの傍らに座って焚火を見ているバルサの姿や、採れ秋のやわらかい光の中にいる幼いタンダの姿が心の中に生き生きと浮かんできたのです。
これは、「守り人シリーズ」が完結したから書けた短編集なのです。バルサとタンダの幼い日々の物語、楽しんでいただければ幸せです。(上橋菜穂子)

関連書籍

流れ行く者
流れ行く者