icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2008)
  • 日本図書館協会選定図書(2008)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 390
ISBN 978-4-03-750080-1
NDC 913
発売日 2008年6月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

  • 購入
    • Amazon
    • 全国書店ネットワーク e-hon
    • EhonNavi
    • エルパカ
    • 紀伊國屋書店
    • 7net
    • TSUTAYA
    • honto
    • Honya Club
    • 楽天
  • 電子版を購入
    • amazon kindle
    • Book Live
    • 楽天kobo
    • Reader Store
    • iBooks
    • honto
    • dマーケット
    • Kinoppy
    • ebook japan
    • ブックパス
    • BOOK WALKER
    • GALAPAGOS STORE
    • ※ 書店によって取扱いがない場合があります。
    • ※ 紙の本と価格が異なる場合があります。

特設サイト

内容紹介

タルシュ帝国の侵攻は、新ヨゴ皇国にまで迫っていた。皇太子チャグムは、故国を救うため、危険なかけにでる。守り人シリーズ外伝。解説は佐藤多佳子。

著者紹介

上橋菜穂子

立教大学博士課程単位取得(文学博士)。専攻は文化人類学。オーストラリアの先住民であるアボリジニを研究。女子栄養大学助手を経て、現在川村学園女子大学特任教授。『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞、アメリカ図書館協会バチェルダー賞)『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)『夢の守り人』(前2作とあわせ路傍の石文学賞)『神の守り人<来訪編><帰還編>』(小学館児童出版文化賞)など12巻からなる代表作「守り人」シリーズは、内外から高い評価を得ている。そのほかの著書に『精霊の木』『月の森に、カミよ眠れ』(日本児童文学者協会新人賞)『狐笛のかなた』(野間児童文芸賞)『獣の奏者』『鹿の王』(本屋大賞、日本医療小説大賞)などがある。2002年に巌谷小波文芸賞、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

佐竹美保

デザイン科を卒業後、上京。SF・ファンタジーの分野で多数の作品を手がける。主な仕事に『虚空の旅人』『蒼路の旅人』『不思議を売る男』『宝島』『幽霊の恋人たち』『西遊記』『フランダースの犬』『魔法使いハウルと火の悪魔』『ローワンと魔法の地図』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

のっけから、ラスト・シーンのお話で恐縮ですが、『蒼路の旅人』を読んでくださった方は、きっと、「え? これで終わり?」と思われたのではないでしょうか。
あとがきにも書きましたが、「あれで終わり」ではありません。『蒼路の旅人』は大きな物語へとつながっていく、たいせつな、船出の物語のつもりで書きました。
これまで『守り人』『旅人』シリーズでは、一応、一冊(あるいは上下巻)で終わる物語を書いてきたのですが、たぶん『虚空の旅人』を書いたあたりから、私のなかで、大きな物語がうごきだしてしまったのだと思います。
物語というのは不思議なもので、書くうちに、主人公たちに、どんどん魅かれていくということがあります。『虚空の旅人』を書きおえたとき、チャグムという少年の行く先を、もっとしっかりと書いてみたいという思いがわきあがってきたのです。
シリーズを書きすすむうちに、霞が晴れていくように、バルサやチャグムが生きている世界——新ヨゴ皇国、カンバル王国、サンガル王国、ロタ王国、そして南の大陸の国ぐにが浮びあがり、広大で複雑な世界が歴史をつくりながらうごいていく様がみえはじめました。
たくさんの人々がそれぞれの思いを抱えながら歴史をつくっていく広大な世界のなかで、北の小国の皇太子に生まれてしまったチャグムが、どう生きていくのか……それを描いてみたくなったのです。
チャグムの旅路の先は、『守り人』シリーズと溶けあっていきます。
物語がこれからどううごいていくか、実は作者自身にもまだみえていない部分がありますが、先がみえないこの旅を、ともに歩いていただければ、うれしいです。(上橋菜穂子)

関連書籍

蒼路の旅人
蒼路の旅人