icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫3241

ぼくのお姉さん

ぼくのお姉さん

画像を拡大する

偕成社文庫3241

ぼくのお姉さん

作: 丘修三

絵: かみやしん

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 文庫 > 現代の児童文学(日本)
サイズ(判型) B6判
ページ数 188
ISBN 978-4-03-652410-5
NDC 913
発売日 2002年8月

定価: 756

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

障がいを持った子どもたちをとりまく、心あたたまる物語を収録した連作短編集。ダウン症の姉の、初めてのお給料が家族にもたらす小さな奇跡を描いた表題作ほか「歯型」「あざ」など全6編。

著者紹介

丘修三

1941年生まれ、熊本で幼少期をすごす。東京学芸大学、東京教育大学で、障害児教育を学ぶ。著書に『ぼくのお姉さん』で坪田譲治文学賞・新見南吉児童文学賞・日本児童文学者協会新人賞を受賞。ほかに『風にふかれて』『少年の日々』『口で歩く』『福の神になった少年』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

かみやしん

1942年、東京に生まれる。リュブリャナ国際版画ビエンナーレ、プラッドフォード国際版画ビエンナーレで受賞。版画、コラージュ、立体などによる抽象作品を制作する。書籍の作品として、『ねこもあるけば』『百年の蝉』「ことばあそび㈵㈼㈽」など多数。『ぼくのお姉さん』で赤い鳥さし絵賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

ぼくのお姉さん
ぼくのお姉さん