icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫3239

ジョン万次郎漂流記

画像を拡大する

偕成社文庫3239

ジョン万次郎漂流記

作: 井伏鱒二

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 文庫 > 日本の名作文学
サイズ(判型) B6判
ページ数 -
ISBN 978-4-03-652390-0
NDC 913
発売日 1999年11月

定価: 756

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

少年のころ海で漂流していたところを助けられて米国に渡り、後に日本の外交で重要な役割をはたす、実在の人物ジョン万次郎の人生を描いた表題作(直木賞受賞)、岩穴にとじこめられた山椒魚の悲哀を描く「山椒魚」のほか、「休憩時間」など5編を収録。

著者紹介

井伏鱒二

1898年広島県に生まれる。本名、満寿二。文学を志して早稲田大学に入学したが、のち退学。編集記者などを経て、文学に専念。1929年に発表した「山椒魚」「屋根の上のサワン」などがみとめられて作家としての地位を確立。「ジョン万次郎漂流記」(1938)で直木賞を受賞する。1966年文化勲章受章。1993年没。おもな作品に『本日休診』(読売文学賞)、『黒い雨』(野間文芸賞)など。全作品は『井伏鱒二全集』に収録されている。

この著者の書籍一覧を見る