icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫3122

ポー怪奇・探偵小説集(1)

ポー怪奇・探偵小説集(1)

画像を拡大する

偕成社文庫3122

ポー怪奇・探偵小説集(1)

作: ポー

訳: 谷崎精二

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 文庫 > 推理・探偵小説
サイズ(判型) B6判
ページ数 -
ISBN 978-4-03-651220-1
NDC 933
発売日 1985年3月

定価:本体価格 600円+税

【偕成社在庫:わずか】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

「黒猫」「大うずまき」「細長い箱」「早すぎた埋葬」「ウィリアム=ウィルスン」など、現代のオカルト小説をはるかに凌ぐ恐ろしさの6編。訳は名訳の誉れたかい谷崎精二氏による。

著者紹介

谷崎精二

1890年、東京に生まれる。早稲田大学文学部英文科を卒業。その後、新聞記者生活を経て、早稲田大学教授となる。小説家の谷崎潤一郎は実兄。若いころの創作『地に頬をつけて』『失われた愛』などのほかに、日本で最初にポーの『赤き死の仮面』、ガルシンの『赤い花』などの訳がある。なかでもポーの全集の個人訳で有名。1971年没。

この著者の書籍一覧を見る

ポー怪奇・探偵小説集(1)
ポー怪奇・探偵小説集(1)