icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社ノベルフリーク

ぼくのまつり縫い 手芸男子とカワイイ後輩

ぼくのまつり縫い 手芸男子とカワイイ後輩

画像を拡大する

偕成社ノベルフリーク

ぼくのまつり縫い 手芸男子とカワイイ後輩

作: 神戸遥真

絵: 井田千秋

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 186ページ
ISBN 978-4-03-649150-6
NDC 913
発売日 2020年9月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

フツーじゃないって、いいたくない
だれかの「好き」も大事にしたい

被服部に入部し、2年生になった針宮優人。
やってきた新入部員は、とってもクールで協調性ゼロ!?
そしてなぜか、優人に「ガッカリ」といいはなつ。
後輩にふりまわされっぱなしの優人たちは、
演劇部から依頼された公演用の衣装を完成させることができるのか?

「受けいれる」ことのむずかしさと大切さを描く
手芸男子シリーズ第2弾!

 

ーー 先パイって言葉に、ちょっと気持ちがひきしまる。
小倉さんのことはまだよくわからない。
けど、それを「ヘン」とか「フツーじゃない」って思うのだけはぜったいにやめよう。
ぼくも、みんなみたいになる。
受けいれる。
「先パイなので、がんばります。」
直後、モモちゃんの大きな手で頭をグリグリされた。
(本文より)

著者紹介

神戸遥真

千葉県生まれ。第5回集英社みらい文庫大賞優秀賞受賞。著書に『スピンガール!』『休日に奏でるプレクトラム』、「ニセモノ夫婦の紅茶店」シリーズ(メディアワークス文庫)、「この声とどけ!」シリーズ(集英社みらい文庫)などがある。

この著者の書籍一覧を見る

井田千秋

イラストレーター。書籍の挿絵、装画などで活躍中。装画を手がけた作品に『休日に奏でるプレクトラム』『今日は心のおそうじ日和』、著書に『わたしの塗り絵 POST CARD BOOK 森の少女の物語』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

『ぼくのまつり縫い 手芸男子は好きっていえない』につづく、
シリーズ第2弾です!

1巻目で、「みんな」がどういおうと
自分が好きなものに向きあうことに決めた主人公。
今回は自分が「みんな」の側に立つことになります。
受けいれる、というのは簡単ですが、実際には……?
さらにテーマが深まる第2巻、ぜひ読んでみてください。

関連書籍

ぼくのまつり縫い 手芸男子とカワイイ後輩
ぼくのまつり縫い 手芸男子とカワイイ後輩