icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社ノベルフリーク

青(ハル)がやってきた

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 214ページ
ISBN 978-4-03-649050-9
NDC 913
発売日 2017年10月

定価: 972

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

「おれの名前はスズキハルなのである。青空の春の日に生まれたのだ。」
サーカスとともにやってくる、型破りな転校生が
あなたに魔法をかけるかも!?

鹿児島  ごちゃごちゃかんがえすぎてしまう未央。
福岡  「美人さんは得」という言葉が気になる真衣。
山口  ほぼ完全無欠だが、ひとつだけ弱点がある秀。
大阪  近所の口うるさいじいさんに目をつけられている一樹。
千葉  震災後、母とともに祖父母の家で暮らす光希。
各地の子どもたちが
ハルと出会い変わっていく、「ご当地」連作短編集。

著者紹介

まはら三桃

福岡県生まれ。『カラフルな闇』で講談社児童文学新人賞佳作、『鉄のしぶきがはねる』で坪田譲治文学賞、JBBY賞を受賞。著書に『たまごを持つように』 『伝説のエンドーくん』『なみだの穴』『わからん薬学事始』『三島由宇、当選確実!』など。

この著者の書籍一覧を見る

田中寛崇

新潟県生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術卒業。フリーランスのイラストレーターとして書籍装幀、CDアルバムアートワーク・アプリケーション等様々な分野で活動。装画を手掛けた作品に『体育館の殺人』『車夫』『フェラルズ』など。

この著者の書籍一覧を見る