icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

世界のともだち24

トルコ

エブラールの楽しいペンション

トルコ

画像を拡大する

世界のともだち24

トルコ

エブラールの楽しいペンション

写真・文: 林典子

受賞歴:

  • 厚労省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(2015)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2015)
  • 産経児童出版文化賞・大賞(2017)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 知識の本 > 社会科に役立つ本
サイズ(判型) 25cm×22cm
ページ数 40
ISBN 978-4-03-648240-5
NDC 748
発売日 2015年2月

定価: 1,944

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

特設サイト

内容紹介

世界遺産の町サフランボルでくらすエブラール。かわいらしい木造家屋の2階は、お母さんがきりもりする小さなペンションになっています。エビム(トルコ語で、「わたしの家」という意味)というペンションの名前は、お客さんに自分の家のようにくつろいでほしいと願ってつけられました。エブラールは、お母さんの仕事を手伝ったり、トルコの伝統的な料理を教わったりしながら、石だたみが広がる美しい町でくらしています。

将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日。世界36か国で写真家が撮り下ろした、「世界のともだち」シリーズの24巻目。

著者紹介

林典子

1983年生まれ。大学在学中に、西アフリカ・ガンビアの新聞社で写真を撮りはじめる。「ニュースにならない人びとの物語」を国内外で取材。ワシントン・ポスト紙、デア・シュピーゲル紙、米ニューズウィーク、ナショナル ジオグラフィック日本版などの数かずのメディアで作品を発表。2013年フランス世界報道写真祭 Visa pour l’Image金賞、14年NPPA全米報道写真家協会賞1位など受賞。著書や写真集に、『フォト・ドキュメンタリー 人間の尊厳』『キルギスの誘拐結婚』がある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

エブラールとの出会いは本当に偶然でした。トルコが大好きで、この国を担当することになったわたしは、どこの町でどの子どもを撮影するかもわからないままトルコへ向かいました。1か月かけてトルコを旅すれば、きっと主人公になってくれる子どもに出会うはず! その旅の途中で訪れたのがサフランボルでした。絵本の中に入りこんだようなかわいらしい町にすっかり魅了され、翌日トルコ中部へ行く計画をキャンセルし、すぐに町の小学校へ向かいました。取材許可を得るために校長室をたずねると、たまたま部屋に入ってきたのがエブラールでした。白いマフラーを帽子のように頭に巻き、少しはずかしそうな笑顔であいさつをしてくれたのがとてもかわいかったです。数日後、エブラール一家は温かくわたしをむかえいれてくれました。その日からエブラールと同じ部屋でくらす生活がはじまりました。朝から夜寝るまでずっといっしょ、なわとびをして遊んだり、写真を撮りあったり、2014年の新年もいっしょにむかえました。春には日本からわたしの母をつれてエブラールの家に滞在しました。いつのまにか取材を忘れてエブラールの一家との生活を心から楽しむようになっていきました。
トルコは親日国として知られています。サフランボル旧市街の中心には小さな日本庭園があり、新市街にあるお店の入り口には日本の国旗がさりげなく置かれています。カフェで日本語を勉強する学生や住民の方がたにも出会いました。今回わたしがエブラールの家族との暮らしの中で触れた、人の心の温かさを、いつかトルコを訪れる日本の子どもたちにも感じてもらえたらうれしいです。

トルコ
トルコ