icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

世界のともだち23

イギリス

元気にジャンプ!ブルーベル

イギリス

画像を拡大する

世界のともだち23

イギリス

元気にジャンプ!ブルーベル

写真・文: 加瀬健太郎

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 知識の本 > 社会科に役立つ本
サイズ(判型) 25cm×22cm
ページ数 40
ISBN 978-4-03-648230-6
NDC 748
発売日 2015年2月

定価: 1,944

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ロンドンから電車で40分。ヒッチンという落ちついた街に10才のブルーベルは暮らしています。テーラーで働くお父さん、手芸のとくいなお母さん、笑顔がすてきな弟のアーチーの4人家族。たいそうやかけっこ、ダンスが大好きなブルーベル。家でも外でも、いつもぴょんぴょんと跳びまわっています。

将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日。世界36か国で写真家が撮り下ろした、「世界のともだち」シリーズの23巻目。

著者紹介

加瀬健太郎

1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、イギリスに留学。London College of Communicationで学ぶ。現在は、東京を拠点にフリーランスのカメラマンとして、本や雑誌などで活動中。著作には、イギリス留学時に出会った、ぽっちゃりした少年との友情を描いた『スンギ少年のダイエット日記』、撮らなくてもいいような写真を集めた写真集『撮らなくてもよかったのに写真』がある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

こんにちは。ぼくの名前は加瀬健太郎です。40才のカメラマンです。神奈川県の逗子という海のある街に住んでいます。写真を撮ったり、ギターをひいたり、散歩をしたりするのが大好きです。家族のみんなは、ぼくのことを「パパ」とよんでいます。

この本の主人公、ブルーベルの生活は、みんなの目にはどんなふうにうつるでしょうか。どこでも走りまわって、スカートをはいていても気にせずに、びゅんびゅん回転する。カメラをむけるとおもしろいポーズをとるのに、急にはずかしくなって、耳まで真っ赤にする。そんな女の子や男の子は、みんなのまわりにもいるんじゃないでしょうか? 君の友だちにもそんな子がいるかもしれないし、君がそんな子かもしれませんね。

国がかわっても、見た目がちがっても、どこに行っても君のような子がいるし、君の友だちのような子もいる。この本を読んで、世界には、たくさん国があって、そこに自分と気があうような、友だちになれるような子がおるだろうなーとか、時差があるからその子は今ごろねているのかなーとか想像して、楽しんでもらえたら、ぼくはうれしいです。それでいつか、そんな子と本当に出会って、友だちになったりしたら、もっとうれしいです。

編集者より

ブルーベルは本当に元気な女の子です。本のなかでも、回転したり、おどっていたり、走っていたりする写真をたくさん載せましたが、じつは、そんな写真はまだまだたくさんありました。弟のアーチーといっしょだと、そのアクティブさはますますアップします。ふたりはいつも体をうごかす新しいあそびを考えているそうです。「壁にひっつきながら進んでいくゲーム」「バレーボールとテニスを合体させたスポーツ」など、それぞれのあそびには複雑なルールがあり、いくら説明してもらってもカメラマンの加瀬さんはよくわからなかったそうです(こういう独自のあそび、みなさんも子どものころしていたのではないでしょうか。なつかしいです)。

お父さんの仕事場にあそびにいくページも必見です。お父さんがはたらくのは、サビルロウという、背広の語源になったともいわれる地域にある仕立屋さん。歴史のあるお店で、過去の顧客にはチャーチル元英首相や作家のチャールズ・ディケンズ、昭和天皇、白洲次郎など、おおお、と、うなりたくなるような人物がならびます。これぞブリティッシュ…という雰囲気をぜひおたのしみください!
イギリス
イギリス