icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ある晴れた夏の朝

ある晴れた夏の朝

画像を拡大する

ある晴れた夏の朝

著: 小手鞠るい

イラスト: タムラフキコ

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2018)
  • ホワイト・レイブンズ(ミュンヘン国際児童図書館・児童図書目録)選定(2019)
  • 小学館児童出版文化賞(2019)
対象年齢 中学生から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 206ページ
ISBN 978-4-03-643200-4
NDC 913
発売日 2018年7月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

著者インタビューへ(Kaisei web)

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

アメリカの8人の高校生が、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非をディベートする。肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系アメリカ人のメイ(主人公)をはじめ、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系と、そのルーツはさまざまだ。はたして、どのような議論がくりひろげられるのか。そして、勝敗の行方は?

著者紹介

小手鞠るい

1956年岡山県生まれ。同志社大学卒業。小説家。詩とメルヘン賞、海燕新人文学賞、島清恋愛文学賞、ボローニャ国際児童図書賞などを受賞。2019年には『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で、子どもの本研究会第3回作品賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に『エンキョリレンアイ』『きみの声を聞かせて』『アップルソング』『思春期』『初恋まねき猫』『放課後の文章教室』『空から森が降ってくる』など多数。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。

この著者の書籍一覧を見る

タムラフキコ

長野県生まれ。京友禅工房、アニメーション背景会社を経て、安西水丸氏にイラストレーションを師事。2006年にイラストレーターとして始動。書籍、雑誌、広告などを中心に活動中。装画作品に『たんぽぽ団地』『夏の果て』『自分なくしの旅』『アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

反戦をテーマにした児童文学は、ほぼその刊行国の視点で描かれる場合が通例だが、この作品は、日本人作家による、アメリカ側の視点で描かれた物語である。メインテーマは原爆の是非だが、それぞれの登場人物のおかれた立場から、真珠湾攻撃、日中戦争、ナチズム、アメリカマイノリティなどにも話が及ぶ。
「先の日本で行われた戦争とは、なんだったのか」
日本の若い読者にとっては、対戦国であったアメリカのいまの若者たちの姿を通して、客観的にこのことについて考えることができるだろう。
日本人作家による、YAジャンルのあたらしい試みともいえる作品。

読者のおたより

小手鞠るいさんに感謝します。原爆投下について広い視野から核心にせまる深い内容に教えられ、感動しました。(この年になって教えられました)周りの仲間と回し読みをしています。最後は中学校の図書室に寄付したいと思っています。ありがとうございました。(70代)

原爆について、もう一度、考え直すことができました。とてもいい本でした。自国・他国との愛情と深く思考する力が、必要な、困難であり、また尊い行為ということを学びました。(12歳)

私はこの本を読んだ後に、学校の行事で「広島平和学習」に行きました。この本を読んだだけで、事前学習ができたように思います。原爆肯定派・否定派のどちらの意見にも説得力があるところに読みごたえを感じて、舞台が日本ではなくアメリカだったことも驚きました。原爆について改めて考えさせられた本でした。(13歳)

大変感動しました。先の大戦のこと、広島長崎の原爆のこと。差別のこと。軍隊のこと。どれも重く根深い問題が実にわかりやすく力強い文体で描かれています。アメリカの高校生のディベートという設定もとても効果的だと思います。若い読者たちにもすすめようと思います。(50代)

本当に素晴らしい本に出会いました。最後は涙が止まりませんでした。事実を正確に表現し、最後に真実に到達する。多くの人に是非読んでもらいたい1冊です。(60代)

構成が実にうまいと思いました。広島・長崎の原爆をめぐる討論だけかと思ったら、真珠湾、中国侵略、黒人差別、ユダヤ人問題、日系アメリカ人の収容制作と多岐にわたっており、話を展開しながら戦争と平和の本質へと迫っていくところが最高です。(70代)

関連記事

ある晴れた夏の朝
ある晴れた夏の朝