icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

歴史探偵アン&リック3

源氏、絵あわせ、貝あわせ

画像を拡大する

歴史探偵アン&リック3

源氏、絵あわせ、貝あわせ

対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 202
ISBN 978-4-03-635930-1
NDC 913
発売日 2017年8月

定価: 972

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

京都で開催される「絵あわせ」のコンクールに参加することになったアン。平安時代の着物・小袿をデザインして、対戦相手と競うのだ。京都におばが住んでいるリックとともに会場へむかうが、出場者のカリスマ小学生ファッションブロガー初音の「いけず」な言動に翻弄される。そして、ひょんなことから初音の家で、かつて消えた貝合わせの貝をさがすことになる。公家のお姫さまの雅な宝をみつけることができるのか?

ファッション大好きなアンと歴史マニアのリック、性格が正反対の2人が活躍する
歴史ミステリーシリーズ第3弾!

著者紹介

小森香折

東京都に生まれる。『ニコルの塔』でちゅうでん児童文学賞大賞、新美南吉児童文学賞を受賞。作品に『うしろの正面』『十三月城へ エゼル記』『パラレルワールド』など、翻訳に『ぼくはきみのミスター』『ネズミだって考える』など。

この著者の書籍一覧を見る

染谷みのる

奈良県に生まれる。イラストレーター、漫画家。
書籍の装画や挿絵、雑誌での漫画執筆を中心に活動中。おもな装画作品に『夢であいましょう』「さがしものが見つかりません!」などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

ファッションが好きで、今回は平安時代の着物「小袿」デザインのコンクールに出場するアンと、公家文化には若干苦手意識のあるリックが、京都を舞台にお宝を探します。

今回さがすのは、貝合わせの貝。ハマグリの殻をわけて内側に絵を描き、絵のほうをふせて、もともと一緒だった貝をあてる遊びをします。
縁起がいいものとして嫁入り道具にも欠かせないものでした。

数百年前のお姫さまの貝、二人はみつけることができるのでしょうか。

関連書籍