icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂10

ふしぎ駄菓子屋銭天堂10

ふしぎ駄菓子屋銭天堂10

画像を拡大する

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂10

ふしぎ駄菓子屋銭天堂10

作: 廣嶋玲子

絵: jyajya

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 190ページ
ISBN 978-4-03-635700-0
NDC 913
発売日 2018年10月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

  • 購入
    • Amazon
    • 全国書店ネットワーク e-hon
    • EhonNavi
    • エルパカ
    • 紀伊國屋書店
    • 7net
    • TSUTAYA
    • honto
    • Honya Club
    • 楽天
    • ヨドバシカメラ
  • 電子版を購入
    • amazon kindle
    • Book Live
    • 楽天kobo
    • Reader Store
    • iBooks
    • honto
    • dマーケット
    • Kinoppy
    • ebook japan
    • ブックパス
    • BOOK WALKER
    • GALAPAGOS STORE
    • ※ 書店によって取扱いがない場合があります。
    • ※ 紙の本と価格が異なる場合があります。

特設サイト

内容紹介

本人の強い希望で銭天堂に居つくことになった少年健太。紅子は墨丸に彼の監視役を命じます。はたして健太は何者か? そしてその目的とは? 最終話ですべての謎が明かされます。
駄菓子にまつわるエピソードは、6話収録。ひと粒食べると一日晴れるキャンデイ「天晴れレモン」、ひそひそ話を聞き取れるようになる「聞き耳グミ」など、さて今度の駄菓子は、お客様に幸運をもたらすでしょうか。
巻末に、招き猫たちの座談会がついています。

著者紹介

廣嶋玲子

神奈川県生まれ。『水妖の森』(岩崎書店)で第4回ジュニア冒険小説大賞、『狐霊の檻』で第34回うつのみやこども賞受賞。作品に『送り人の娘』『おっちょこ魔女先生』(KADOKAWA)、『盗角妖伝』(岩崎書店)、「怪奇漢方桃印」シリーズ(講談社)、「秘密に満ちた魔石館」(PHP研究所)シリーズ、「十年屋」シリーズ(静山社)、「鬼遊び」シリーズ(小峰書店)、「妖怪の子預かります」シリーズ(東京創元社)などがある。

この著者の書籍一覧を見る

jyajya

福岡県生まれ。モバイル事業を中心とした会社で、アプリ制作、コンテンツ制作、サイト運営に携わる。2011年にフリーデザイナーとして独立。現在は、イラスト制作などで、活躍の場を広げている。絵本作品に『2ひきのすてきなおくりもの』(文/廣嶋玲子)がある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

子どもが大好きな本です。どんどん本の世界に入っていくようです。(9歳・お母さまより)

とてもおもしろいので、ずっと発売してください!11巻からもずーっと出してください!すこし、こわいところもあるけど、それも、おもしろいです!紅子さんに会ってみたいです!よどみさんはこわいなあ。これからもたくさん書いてください。楽しみにしています。とてもおもしろすぎて、すごいと思います!もっともっともっと読んでみたいです!がんばってください。(10歳)

すごくおもしろくてふしぎな所が良かった。おかしを一度でいいから買って食べて、夢を叶えてみたい。わたしは絵馬せんべいを見たしゅんかんにすごくほしい!と思った。(10歳)

関連記事

ふしぎ駄菓子屋銭天堂10
ふしぎ駄菓子屋銭天堂10