icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2005)
  • 日本子どもの本研究会選定図書(2005)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2005)
  • ボストングローブ・ホーンブック賞 フィクション・詩(2004)
対象年齢 中学生から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 19cm×14cm
ページ数 94
ISBN 978-4-03-631540-6
NDC 933
発売日 2005年7月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

神さまが人間になってみた。人間の苦しみや喜びを実感して、ささやかな幸せを知った。ちょっとユーモラスでシニカルな詩の数々。

著者紹介

シンシア・ライラント

1954年、アメリカ、ヴァージニア生まれ。『メイおばあちゃんの庭』でニューベリー賞受賞。絵本、幼年童話、『ヴァン・ゴッホ・カフェ』『十月のみずうみ』『人魚の島で』などの短編ほかで、高い評価を受けている。

この著者の書籍一覧を見る

ささめやゆき

1943年東京都生まれ。1985年ベルギー・ドメルフォフ国際版画コンクールにて銀賞受賞。『ガドルフの百合』で小学館絵画賞受賞。作品に『ほんとうらしくうそらしく』『マルスさんとマダムマルス』『はだしのカエルとはだしのライオン』『ヘッセの夜カミュの朝』など。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

ここには23篇の詩がおさめられています。どの詩も神さまが地上におりてきて、人間がふだん行っていることをやってみせます。
パーマネントをうまくかけられるようになろうと、ビューティースクールに通い、野良犬を見て、さんざんためらいますが、最後にはひろって飼ってしまいます。
ボートにのって湖をぐいぐい漕ぎまわり、ニューヨークで一番おしゃれな店でソファを買い、バーでは殴り合いをして逮捕されます。
そしてちょっと足許がふらついた朝、おいしいコーヒーをもって、リンゴの木の下に座り、小鳥の声をきいて幸せを感じます。
神さまはいろいろなものをつくりました。この世にあるすべて、木も草も風も月も岩も雨もトラもゾウもミミズもオケラも人間も、みーんな神さまによってつくられたのです。そしてそれらはすべて、神さまにとってよきものでありました。
しかし万物は移りゆきます。
花も姿を変え、人間も歳をとります。そこに痛みや苦しみが生まれます。
変わらないのは神さまだけです。
永遠なる神さまには、変わっていくものの切なさがわからないのです。
こうして神さまは地上におりて、人間と同じ行いをしてみて、人間の気もちをわかろうとしたのがこれらの詩です。
ライラントの慎ましやかで、暖かい作風が好きでした。ついに訳詩までしてしまったわけです。(ささめやゆき)

神さまが‥‥
神さまが‥‥