icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

偕成社文庫2095

子ぎつねヘレンがのこしたもの

子ぎつねヘレンがのこしたもの

画像を拡大する

偕成社文庫2095

子ぎつねヘレンがのこしたもの

作: 竹田津 実

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2005)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 文庫 > ノンフィクション
サイズ(判型) 19cm×13cm
ページ数 184
ISBN 978-4-03-550950-9
NDC 916
発売日 2005年9月

定価: 864

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

道路わきにうずくまっていた、目が見えず、耳も聞こえないキツネの子・ヘレンは、ミルクをあたえても見向きもしません。けれども、先生夫妻の懸命な介護で、ヘレンはやがて……。生命の尊さと自然との共生を問いかけるノンフィクション。

著者紹介

竹田津 実

1937年大分県生まれ。岐阜大学農学部獣医学科卒業。北海道東部の小清水町農業共済組合・家畜診療所に勤務し、1972年より傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリ作業を始める。1991年退職。1966年以来、キタキツネの生態調査を続け、多数の関連著作がある。2004年より上川郡東川町在住。獣医として、野生動物と関わり続けている。主な作品に『子ぎつねヘレンがのこしたもの』『家族になったスズメのチュン』「どうぶつさいばん」シリーズ、「北国からの動物記」シリーズ、『オホーツクの十二か月』『キタキツネの十二か月』、写真集に『えぞ王国 (写真北海道動物記)』、『竹田津実写真集 アフリカ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

子ぎつねヘレンがのこしたもの
子ぎつねヘレンがのこしたもの