icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

日小見不思議草紙

日小見不思議草紙

画像を拡大する

日小見不思議草紙

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2017)
  • 日本児童文学者協会・新人賞(2017)
  • ホワイト・レイブンズ(ミュンヘン国際児童図書館・児童図書目録)選定(2017)
対象年齢 小学校高学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 231
ISBN 978-4-03-540400-2
NDC 913
発売日 2016年9月

定価:本体価格 1,500円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

日小見(ひおみ)は、山にいだかれ、川がながれる、どこにでもありそうな城下町。けれども、江戸時代の頃、ここで起った出来事は、
今に伝わる話とは、だいぶ違った不思議なことばかり。
伝わらなかった「ほんとうの」話とは・・・・・・
どこにあるのかだれも知らない町、日小見(ひおみ)の町の物語。
5話からなる時代劇ファンタジー!

著者紹介

藤重ヒカル

千葉県我孫子市生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、建築インテリアの仕事に従事。そのかたわら、飯野和好氏に師事、絵本・童話をかきはじめる。2013年児童文学誌「飛ぶ教室」33号、つづく34号の作品募集にて入選、作品が掲載される。33号での入選作「立花たんぽぽ丸のこと」を中心に本書を書き下ろしまとめる。デビュー作となる。

この著者の書籍一覧を見る

飯野和好

1947年、埼玉県秩父に生まれる。絵本、人形芝居の美術・衣装、雑誌・広告、またブルースバンドを組みライブ活動をするなど、幅広く活躍中。作品に『わんぱくえほん』『あくび』、「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ、「くろずみ小太郎」シリーズ、「おもしろ落語絵本」シリーズなどがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

藤重ヒカルデビュー作。絵本作家、飯野和好との運命的な出会いにより、絵本を書くつもりが、童話を書くことをすすめられる。雑誌「飛ぶ教室」の投稿作品コーナーで頭角をあらわし、その中の一編を中心にまとめたのが本作品。

日小見不思議草紙
日小見不思議草紙