icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

まほろ姫とブッキラ山の大テング

まほろ姫とブッキラ山の大テング

画像を拡大する

まほろ姫とブッキラ山の大テング

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2015)
  • ホワイト・レイブンズ(ミュンヘン国際児童図書館・児童図書目録)選定(2015)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 232
ISBN 978-4-03-530920-8
NDC 913
発売日 2014年11月

定価:本体価格 1,300円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

タヌキに育てられたお姫さま、まほろには、ひみつがあります。頭に葉っぱをのせて、じゅもんをとなえて宙がえり。すると、思ったものにばけられるのです。もちろん、ただの葉っぱではありません。ブッキラ山にはえているカシワの葉っぱをつかいます。いつもは、おこづかいとしてもらう葉っぱですが、ブッキラ山にいけば、きっととりほうだい……! そう思いついたまほろは、タヌキの茶々丸といっしょに、ブッキラ山にのぼることにしました。

作者による挿し絵がたっぷり入った楽しい長編ファンタジー童話。

著者紹介

なかがわちひろ

1958年生まれ。東京芸術大学卒業。児童書を中心に翻訳者として活躍するとともに、作家・画家として絵本や童話作品を手がけている。『かりんちゃんと十五人のおひなさま』で野間児童文芸賞、『天使のかいかた』で日本絵本賞読者賞、『どうぶつがすき』で日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞。文章を書いた絵本に『おたすけこびと』、作絵の絵本や童話に『のはらひめ』『きょうりゅうのたまご』、翻訳絵本に『ちいさなあなたへ』「せかいでいちばんつよい国」などがある。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

まほろ姫とブッキラ山の大テング
まほろ姫とブッキラ山の大テング