icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

日本の鳥の巣図鑑全259

日本の鳥の巣図鑑全259

画像を拡大する

日本の鳥の巣図鑑全259

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 29cm×25cm
ページ数 64
ISBN 978-4-03-527900-6
NDC 488
発売日 2011年5月

定価: 2,592

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

日本で巣をつくり、卵をうみ、ヒナを育てたと記録された259種類の鳥と巣と卵を紹介。英名、卵の数等データも充実。美しい画集のような図鑑。

著者紹介

鈴木まもる

1952年、東京都に生まれる。東京藝術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さしえ賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。おもな絵本作品に『みんなで!いえをたてる』『ピン・ポン・バス』『ざっくん!ショベルカー』『ねこのおすしやさん』『せんろはつづく』『どうぶつのあかちゃんうまれた』『だんろのまえで』などがある。また鳥の巣研究家として『鳥の巣研究ノート』『鳥の巣みつけた』『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『鳥の巣いろいろ』『ふしぎな鳥の巣』『鳥の巣ものがたり』『ツバメのたび』『ぼくの鳥の巣探検』『世界の鳥の巣をもとめて』などの著書があり、全国で鳥の巣展覧会を開催している。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです



家のまわりで、木を植えたり山の手入れをしていて、偶然、鳥の巣を見つけ、造形の不思議、美しさに魅かれ、日本のあちこちに行くようになりました。渡り鳥の存在から、興味は世界の鳥の巣へとひろがり、鳥の巣を求めて地球の裏側南アフリカまで行くようにもなりました。世界に鳥は約9000種。日本では約500種ほどが生息しているようです。その中で、日本で巣を作り卵を産み、ヒナを育てているのは、スズメ、メジロ、ヒヨドリ…と数を数えたら259種になりました。全部一冊の本に描いてまとめてみたいと思い、この本を作り始めました。地球上に生きているのは人間だけではありません。鳥達は、誰に教わるわけではなく、自分が一番安心できる場所に、安心できる形の巣を作り、新しい生命を産み育てています。ここ数年の環境の激変で、もういなくなってしまった鳥もいるかもしれません。そうならずに小さな生命が生き続けていることを願いながら絵を描きました。生命の多様性、本能のすばらしさ、自然の大切さを感じるのが鳥の巣だと思います。

一家に1冊、是非見て感じてください。



鈴木まもる

編集者より

めくって眺めているだけでも、鳥たちのさえずりが聞こえてくるようです。この鳥がこの形の巣をつくるには、みんな理由があるようです。それぞれの鳥たちのアートセンスにも驚かされます。小枝をくわえて飛んでいる鳥を見かけたら、ぜひこの本を開いてみてください。
日本の鳥の巣図鑑全259
日本の鳥の巣図鑑全259