icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ねこのニャンルー

ねこのニャンルー

画像を拡大する

ねこのニャンルー

作: どいかや

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 25cm×19cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-350040-9
NDC 726
発売日 2020年9月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

ニャンルーは、森のコナラの木の下の家に、お父さんとお母さん、そしてまだ小さいふたごの弟たち、ニャンクーとニャンムーといっしょにすんでいます。
ある日、ニャンルーがじぶんでつった魚をおばあちゃんの家にもっていってあげると、おばあちゃんはニャンルーたちのためにぼうしを編んでいるところでした。
それを見て、「わたしも編みものしてみたいな」というニャンルーに、おばあちゃんはたんすのおくから、なくなったおじいちゃんのセーターを出してきました。
その青いセーターの毛糸をつかって、ニャンルーに編みものをおしえてくれるというのです。
まずセーターをほどいて、毛糸をお湯につけてから干しました。こんどはそれを巻きとって大きな毛糸玉をつくります。
それから、ニャンルーはおばあちゃんにおそわって、マフラーを編みはじめました。おじいちゃんのセーターだった毛糸をぜんぶつかって、長い長いマフラーにするのです。

色鉛筆で愛情をこめて描かれたニャンルーたちの森の暮らし。手仕事の楽しさや、思い出によってつながる家族のあたたかさを描いた絵本。

著者紹介

どいかや

1969年東京に生まれる。東京造形大学デザイン科卒業。おもな絵本に、『みけねこキャラコ』『こねこのポカリナ』『おはなのすきなトラリーヌ』『トラリーヌとあおむしさん』『ふゆのひのトラリーヌ』『パンちゃんのおさんぽ』『いたずらコヨーテ キュウ』『やまねのネンネ』、『チップとチョコのおでかけ』『チップとチョコのおつかい』『チップとチョコのおるすばん』『チリとチリリ』『チリとチリリ うみのおはなし』『チリとチリリまちのおはなし』『くりちゃんとひまわりのたね』『くりちゃんとピーとナーとツー』、『ねずみちゃんとりすちゃん おしゃべりの巻』『カロンとコロン はるなつあきふゆ4つのおはなし』、『うさぎのルーピースー』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

ねこのニャンルー
ねこのニャンルー