icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

サンタクロースの冬やすみ

サンタクロースの冬やすみ

画像を拡大する

サンタクロースの冬やすみ

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 30cm×24cm
ページ数 39ページ
ISBN 978-4-03-348580-5
NDC 726
発売日 2021年10月

定価:本体価格 1,800円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

サンタクロースと小人たちは、世界中の子どもたちにクリスマスプレゼントをくばりおえ、コルバトントリという山の麓にある秘密の村にもどってきました。
12月25日から1月6日までは、冬休み!
クリスマスパーティーや年越しの行事はもちろん、いたずらの日、スキーの日、雪遊びの日などもあり、大人も子どももみんな、思う存分、楽しみます。
細かく描かれた絵をじっくり見ると、思わぬ発見があるかもしれません!
『サンタクロースと小人たち』でおなじみ、マウリ・クンナスの新作絵本です。

著者紹介

マウリ・クンナス

1950年フィンランドのヴァンマラ生まれ。ヘルシンキ工芸大学でグラフィックアートを専攻。代表作に『サンタクロースと小人たち』(ボローニャ国際児童図書展エルバ賞推薦)、『サンタクロースとまほうのたいこ』『サンタさんへ12のプレゼント!』など。2013年、アールト大学より名誉博士号を授与される。

この著者の書籍一覧を見る

稲垣美晴(いながきみはる)

東京生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。ヘルシンキ大学へ留学し、その3年間の体験をエッセイ『フィンランド語は猫の言葉』に著す。東海大学北欧学科で12年間教鞭をとった後、出版社〈猫の言葉社〉を設立し、フィンランド文化を日本に伝えている。訳書に、マウリ・クンナス作品のほか、絵本『木の音をきく』『天使に守られて』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

サンタクロースの冬やすみ
サンタクロースの冬やすみ