icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ミルキー杉山のあなたも名探偵22

まちがいなく名探偵

作: 杉山亮

絵: 中川大輔

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 150ページ
ISBN 978-4-03-345460-3
NDC 913
発売日 2020年5月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

今回は3つの事件が入っています。「どちらのカップがいいですか?」、「ツルまつのの恋」、そして「まぼろしのバット」です。
「どちらのカップがいいですか?」では、ミルキー杉山が、家族旅行でおとずれた民宿で事件にでくわします。「ツルまつのの恋」では、電車内を舞台に、探偵なかま、ツルまつのの恋と事件を解決。「まぼろしのバット」では、あやしい容疑者3人のなかから、犯人をみつけだします。
注意深く文章を読んで、絵を見れば、ミルキーより先に犯人がわかるかもしれません。

<目次>

どちらのカップがいいですか?・・・・・・5
ツルまつのの恋・・・・・・49
まぼろしのバット・・・・・・103

著者紹介

杉山亮

1954年東京生まれ。保父として、各地の保育園などに勤務。その後、手作りおもちゃ屋<なぞなぞ工房>を主催。中川大輔画伯との、探偵ミルキーシリーズは「もしかしたら名探偵」「いつのまにか名探偵」「あしたからは名探偵」「事件だよ!全員集合」など20作品を数える。小淵沢在住。

この著者の書籍一覧を見る

中川大輔

1970年神奈川県に生まれる。日本児童出版美術家連盟会員。主な挿絵の仕事に「たからしげるのフカシギ・スクール」シリーズ、「へんしん ライブラリー」シリーズ、「斉藤孝のガツンと一発」シリーズなど。『もしかしたら名探偵』ほか「ミルキー杉山のあなたも名探偵」シリーズで杉山亮とコンビを組んでいる。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

旅先で、電車で、そして夜でも、事件に遭遇してしまうミルキー杉山。名探偵は事件に引き寄せられてしまうものなのでしょうか。
「ツルまつのの恋」では、探偵なかまの恋を応援することになります。しかし、思わぬ事件にまきこまれてしまい……。
ヒントは、文章と絵の中にあるので、読者のみなさんも、ぜひ謎解きしてみてくださいね。

関連記事

まちがいなく名探偵
まちがいなく名探偵