icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ミルキー杉山のあなたも名探偵

とっておきの名探偵

作: 杉山亮

絵: 中川大輔

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2014)
  • 日本図書館協会選定図書(2014)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 150
ISBN 978-4-03-345400-9
NDC 913
発売日 2014年6月

定価: 1,080

【偕成社在庫:わずか】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

特設サイト

内容紹介

今回は事件が2つ。「チロのビーナス」と「ムッシュの休日」。「チロのビーナス」は、ぬすまれた美術品をミルキー親子の活躍で見つける事件。「ムッシュの休日」は特大版で、難易度がかなり高いので乞うご期待。というのも「ムッシュの休日」は、二つのちがう事件が同時に動いていく二話分のスペシャル版。「しあわせなら名探偵」に登場したカトリーヌ三人娘が、読者のリクエストにお答えしてまたまた登場。ミルキーを混乱させます。しかも、怪盗ムッシュ出没のうわさもあり、ツルまつのやボウズすすきだも大活躍。よく絵を見れば、ミルキーより先に怪盗ムッシュを見つけられるかもしれませんよ。

著者紹介

杉山亮

1954年東京生まれ。保父として、各地の保育園などに勤務。その後、手作りおもちゃ屋<なぞなぞ工房>を主催。中川大輔画伯との、探偵ミルキーシリーズは「もしかしたら名探偵」「いつのまにか名探偵」「あしたからは名探偵」「事件だよ!全員集合」など20作品を数える。小淵沢在住。

この著者の書籍一覧を見る

中川大輔

1970年神奈川県に生まれる。日本児童出版美術家連盟会員。主な挿絵の仕事に「たからしげるのフカシギ・スクール」シリーズ、「へんしん ライブラリー」シリーズ、「斉藤孝のガツンと一発」シリーズなど。『もしかしたら名探偵』ほか「ミルキー杉山のあなたも名探偵」シリーズで杉山亮とコンビを組んでいる。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

タマネギ頭のぼっこくんは、そのかわいい姿とはうらはらに、モーリョー親分のような妖怪おばけを後光ビームで退治する力を持っています。ケイタの家族の中では、妹のユミちゃんにしか、その姿は見えていません。これからもぼっこくんをよろしくお願いします。

読者のおたより

Array

とっておきの名探偵
とっておきの名探偵