icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

100かいだてのいえ

ボードブック100かいだてのいえミニ

ボードブック100かいだてのいえミニ

画像を拡大する

100かいだてのいえ

ボードブック100かいだてのいえミニ

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 13cm×18cm
ページ数 34
ISBN 978-4-03-332710-5
NDC 726
発売日 2015年7月

定価:本体価格 900円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

特設サイト

内容紹介

大人気の『100かいだてのいえ』がボードブックになりました!ちいさななかに、トチくんの冒険がぎゅっと入っています。いっしょにおでかけもできます!

著者紹介

いわいとしお

1962年生まれ。絵本作家/メディアアーティスト。1985年、筑波大学芸術専門学群在学中に第17回現代日本美術展大賞を最年少で受賞。その後、国内外の多くの美術展に、観客が参加できるインタラクティブな作品を発表し、注目を集める。テレビ番組『ウゴウゴルーガ』、三鷹の森ジブリ美術館の映像展示『トトロぴょんぴょん』『上昇海流』や、ニンテンドーDSのアートソフト『エレクトロプランクトン』、ヤマハと共同開発した音と光を奏でる楽器 『TENORI-ON』、NHK教育の幼児番組『いないいないばぁっ!』のオープニングアニメーションなども手がける。著書に『いわいさんちへようこそ!』、「いわいさんちのどっちが? 絵本」シリーズ(全3冊)、『いわいさんちのリベットくん』『どっちがへん? スペシャル』『アイデアはどこからやってくる?『光のえんぴつ、時間のねんど 図工とメディアをつなぐ特別授業』『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』『そらの100かいだてのいえ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

「100かいだてのいえ」シリーズを読んでくださった方から、「本が大きいのでベッドで読みきかせしていると手がつかれる…」「外に持って行きたいのだけど、かばんに入らない…」とよく言われていました。そんなに気に入ってくださっているなんて…!と感激しつつ、では、持ち運びに便利なサイズを作ってみたらどうかな?と思って製作したのが「100かいだてのいえ ミニ」シリーズです。ちいさくしたことで、それぞれの家の魅力がぎゅっとつまった、あたらしい「100かいだてのいえ」ができたとおもいます。おもちゃと本の間くらいの雰囲気で、より親しみやすくなりました。「100かいだてのいえ」シリーズには、100センチ越えの高さのビッグブックもあります。いろんなサイズで「100かいだてのいえ」をお楽しみください!

関連書籍

関連記事

ボードブック100かいだてのいえミニ
ボードブック100かいだてのいえミニ