icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

100かいだてのいえ

うみの100かいだてのいえ

うみの100かいだてのいえ

画像を拡大する

100かいだてのいえ

うみの100かいだてのいえ

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2014)
対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 22cm×31cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-332200-1
NDC 726
発売日 2014年6月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

特設サイト

内容紹介

ここはうみにうかぶ船のうえ。テンちゃん、という名前のにんぎょうをかかえた女の子がカモメにえさをあげようとしていました。

そのとき…… ジャプーン! カモメのはねがぶつかって、テンちゃんがうみにおちてしまいました。さあ、テンちゃんは女の子のもとへ帰れるのでしょうか?

縦に開いて大迫力の「100かいだてのいえ」シリーズ第3弾!

著者紹介

いわいとしお

1962年生まれ。絵本作家/メディアアーティスト。1985年、筑波大学芸術専門学群在学中に第17回現代日本美術展大賞を最年少で受賞。その後、国内外の多くの美術展に、観客が参加できるインタラクティブな作品を発表し、注目を集める。テレビ番組『ウゴウゴルーガ』、三鷹の森ジブリ美術館の映像展示『トトロぴょんぴょん』『上昇海流』や、ニンテンドーDSのアートソフト『エレクトロプランクトン』、ヤマハと共同開発した音と光を奏でる楽器 『TENORI-ON』、NHK教育の幼児番組『いないいないばぁっ!』のオープニングアニメーションなども手がける。著書に『いわいさんちへようこそ!』、「いわいさんちのどっちが? 絵本」シリーズ(全3冊)、『いわいさんちのリベットくん』『どっちがへん? スペシャル』『アイデアはどこからやってくる?『光のえんぴつ、時間のねんど 図工とメディアをつなぐ特別授業』『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』『そらの100かいだてのいえ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

100かいだてのいえシリーズが大好きな幼稚園年長の娘です。書店で「どの本がいい?」と聞くと悩んでこれに決めていました。いろんな海の生き物に興味しんしんで、知っている生き物を見つけては、とてもうれしそうに名前を言ったり、「水族館で見た!」と遠足の時のことを話してくれました。毎晩読んで寝かしつけをしています。(5歳・お母さまより)

うみの100かいだてのいえをかってとてもうれしいです。げんきいっぱいによみます。(5歳)

テンちゃんがうみにおっこちちゃったところがおもしろかった。(4歳)

関連書籍

関連記事

うみの100かいだてのいえ
うみの100かいだてのいえ