icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

よるくま

よるくま

画像を拡大する

よるくま

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 19cm×25cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-331230-9
NDC 913
発売日 1999年11月

定価: 1,080

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

夜、男の子が寝ていると、まっ黒なよるくまがお母さんをさがしにきました。母の匂い、あたたかさを思いおこさせるファンタジー。

著者紹介

読者のおたより

一度図書館からお借りして以来、息子も私も大好きになりました。返却した日の夜には、大泣きしてしまった程です。バレンタインデーのプレゼントにさせていただきました。男の子とお母さんが出てくるので私がねかしつける時はいつも「よるくま!」です。(愛読者ハガキより)

会社の後輩のお子さま(4歳・2歳)へクリスマスプレゼントとしてお渡ししました。働いているお母さんの頑張っている姿を知っていますので、書店でみて、いい本だと思いました。そして、大変に喜ばれました。

よるくま、友人の紹介で知りました。今、私から離れない「あとおい」のピークの時で、ママをさがすお話が息子にぴったりです。「おなじだね」と言うと、照れくさそうにニンマリしています。(2歳男の子のお母様/愛読者はがきより)

書店でこどもの本棚をながめていたら「よるくま」が私を呼んでいました。かわいくて、いとおしくて、何度もながめています。絵本はいいです。やさしくなれます。今夜は私もよるくまといっしょにぐっすり眠れそうです。(70代)

電気を消して眠ることを大泣きして嫌がる息子に夜(真っ暗)の世界が素敵なことを教えたくて読み聞かせをしたら大ハマリ。毎晩最低3回は「読んで、もう1回」とリピートしています。まだ消灯は怖くてギュッと目をつぶって電気をつけたまま寝入りますが、泣かなくなりました。『よるくま』の影響大です。(2歳・お母さまより)

本をよんで、涙が出たのは久しぶりでした。よるくまが、お母さんを慕う気持ちが絵本の絵から、まっすぐに胸に伝わりました。自分も幼い頃はこうであったと、久しく忘れていたことがまるで最近のことのようにまざまざと思い出されて、驚きました。どのページの絵もすばらしくて可愛くて、絵本は絵がいのち!とあらためて思います。(50代)

よるくま
よるくま