icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

エリック・カールの絵本

ことりをすきになった山

ことりをすきになった山

画像を拡大する

エリック・カールの絵本

ことりをすきになった山

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 29cm×21cm
ページ数 24
ISBN 978-4-03-327340-2
NDC 933
発売日 1987年10月

定価: 1,512

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

渡り鳥のジョイと岩山のあいだに生まれた友情は、山を緑の楽園に変えていく。文化人類学者の命の讃歌をコラージュで力強く表現。

著者紹介

エリック・カール

1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育つ。グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年に『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。以来、世界的な絵本作家として創作を続ける。代表作に『はらぺこあおむし』『パパ、お 月さまとって!』『だんまりこおろぎ』など多数。2003年ローラ・インガルス・ワイルダー賞受賞。

この著者の書籍一覧を見る

アリス・マクレーラン

文化人類学者としてアンデス山地の実地調査をし博士号を得る。3児の母親で、絵本の仕事はこれが初めて。この本について、「永い年月がもたらす変化のすごさとか、ひとつの命に託された何かが時間をこえてうけつがれていくことのすばらしさに魅せられて、一人類学者としての夢を描いてみました。この本の中のジョイのように、この絵本も親から子へまたその子どもへと、いつまでも親しまれていくことを願っています」といっている。

この著者の書籍一覧を見る

ことりをすきになった山
ことりをすきになった山