icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error icon_download

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ボードブック10このちいさなおもちゃのあひる

ボードブック10このちいさなおもちゃのあひる

画像を拡大する

ボードブック10このちいさなおもちゃのあひる

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 18cm×13cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-237190-1
NDC 726
発売日 2023年10月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

1ばんめの おもちゃのあひる ながれながれて にしへいき
そのあひる とびこえ いるかが ジャンプ

2ばんめの おもちゃのあひる ゆられゆられて ひがしへいき
あざらし それみて ほえてみる

10ばんめの おもちゃのあひる どんどん はなれて あっちのほうへ
でかくて ひろい うみのうえ ぷかぷか どんどん どこまでも
おひさま しずみ あたりは くらやみ
だぁれもいない まわりには ただ うみと そらだけ
ただ うみと そらだけ

工場で作られたおもちゃをつんだ船が、大きな海のまんなかで嵐にあい、箱の1つを海へ落としてしまいます。箱に入っていたのは、10このおもちゃのあひる! 波にゆられて東へ西へちりぢりに流れていき、いるかやあざらし、しろくまやフラミンゴなど、いろんな海の動物たちに出会います。さて、10ばんめのあひるが出会ったのは……?

ニュースになった実話を、洗練された構成でみごとに絵本化したエリック・カールの傑作が、ボードブックになりました。ページをめくるたびに、フラミンゴやクジラなど海の生き物たちがつぎつぎ登場。次はどんな動物が出てくるかな? とワクワクします。スケールの大きな物語と、目に楽しい明るくカラフルな絵、波にゆられるようにリズミカルな訳文が魅力の、読み聞かせに最適な絵本です。

※あひるの鳴き声が鳴るしかけは、ついていません。

著者紹介

エリック・カール

1929年にアメリカで生まれ、ドイツで育つ。シュトゥットガルトの芸術アカデミーで美術を学び、1952年アメリカに戻ってグラフィックデザイナーとなる。 1968年に絵本『1、2、3どうぶつえんへ』を出版して以来、絵本作家として活躍。世界的なベストセラー『はらぺこあおむし』をはじめ、『パパ、お月さまとって!』『できるかな? あたまからつまさきまで』など作品多数。2021年逝去。

この著者の書籍一覧を見る

ボードブック10このちいさなおもちゃのあひる
ボードブック10このちいさなおもちゃのあひる