icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

オオイシさん

オオイシさん

画像を拡大する

オオイシさん

作・絵: 北村直子

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 24cm×18cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-232570-6
NDC 726
発売日 2018年9月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

どうろこうじに、すもうのけいこ、
こなのあらびき、つけものいしと、
おおいそがしの オオイシさん。

あるひ、いがいな
しごとに さそわれます。

『ワタナベさん』につづく、ほのぼのユーモア絵本。

著者紹介

北村直子

東京都生まれ。多摩美術大学絵画科油画卒業。東京都の動物園、井の頭自然文化園でポスターや展示デザインをするかたわら、広告、装丁などのイラストやデザインを手がける。主な作品に、絵本『おでかけ どうぶつえん』『おでかけ すいぞくかん』、『せかいでいちばん 手がかかるぞう』、『おならゴリラ』、『珍獣図鑑』、『小学館の図鑑 NEO まどあけずかん いきもの』など。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

『ワタナベさん』でブレイク中の作者の、絵本第2弾です!

今回の主役は、大きな石のオオイシさん。
ちょっといいかげんなところもある、気のいいおじさんです。
そんなオオイシさんの新しい仕事とは!?

ほのぼのゆかいな作品です。

読者のおたより

題名にひかれて注文しましたが、孫たちに読んで聞かせたところ、“私もオオイシさんだから、こんなになれるかなあ”って喜んでいました。とてもユニークな本ですね。(3歳・4歳・6歳・おばあさまより)

絵本なのに、大人が読めるストーリー。動けない石なのに、発想が自由なオオイシさん。どんな状況でも自分のしたいように生き、他人の役にたつオオイシさん。イヤダとだだをこね、こまらせることをせず、ハイハイとなんでも引き受けてくれる頼もしいオオイシさん、丸くなっても小さくなってもずっとがんばってね。(7歳・おばあさまより)

「オオイシさん」みるからに石のことだとはわかりましたが、どんな展開になるのかページをめくりながら楽しみました。映画のタイトルは笑えました。ゴツゴツしたオオイシさんが丸くなって帰ってきた後主役をつとめる映画のポスター、これも笑っちゃいました。読み聞かせに使わせていただきます。(60代)

苗字がオオイシです。友人からメールで教えてもらった本です。”オオイシ”ならではの小ネタ(忠臣蔵ネタや、電話番号が014…)がとてもリアルで「あるある」と共感していました。”オオイシさん”の何事にも動じない姿はかっこうよくて、オオイシ家のバイブルです。(読者の方より)

『オオイシさん』も『ワタナベさん』も大変気に入って読んでいます。絵に味があり、場面転換や展開が多く、飽きない様子です。「これ、なあに?」と聞いてくれるので親子の話のきっかけになっています。
丁寧な絵、楽しい内容、ストーリーも含めてバランスのとれた1冊だと思います。時々「ふ、ふ」と少し声に出してわらってしまいました。本当にステキな1冊! 次も楽しみです!(50代)

関連書籍

オオイシさん
オオイシさん