icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

はたらく のりもの絵本

ブルドーザーのガンバ

文: 鶴見正夫

絵: 高橋 透

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×21cm
ページ数 40
ISBN 978-4-03-231020-7
NDC 913
発売日 1973年9月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

使いふるされて道端にすてられた働き者のブルドーザーのガンバ。大雨の夜、男の子の命を救おうと、最後の力をふりしぼります。

著者紹介

鶴見正夫

1926年、新潟県に生まれる。早稲田大学政経学部卒業。在学中より詩や童話を書き、1951年、文部大臣奨励賞を受賞。後、絵本や児童文学作品も発表する。主な作品に『あめふりくまのこ』(日本童謡賞、赤い鳥文学賞)『日本海の詩』『鮭のくる川』など多数ある。1995年没。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

この絵本は僕がまだ幼稚園に入る前に母親によく読んでもらってました。近くの図書館で借りて来てたそうですがある日を境に図書館から消えたそうです。この絵本には一生懸命ひたむきに頑張る事と哀しさとても言葉じゃ言い表せない何かを感じます。20歳になった今でも心打たれる名作だとおもいます。(読者の方より)

この本を今から24年前に保育園でよみました。今日仕事で、田舎の町に来たのですがガンバの様に使い古されたブルトーザーが空き地にポツンと置いてありました。もう、何年か動いていないその姿を見たときに、この絵本を思い出しました。細かな台詞までは覚えてはいませんでしたが、あらすじがすーっと蘇ってきて、ついつい熱い涙がこみ上げてきました。本当に思い出の一冊です。(読者の方より)

ブルドーザーのガンバ
ブルドーザーのガンバ